バンコクマインド

タイの過去現在未来と音楽映画書籍の旅

諦観と倦怠

イーグルスといえばアメリカの国民的バンド

ホテル カリフォルニアとかバンコクのパブでもいまだに

よくかかってますね。

 

このアルバムが出た頃、1976年くらいかな

B面の真ん中という一番目立たない位置にある

地味な曲が好きになりましたね

f:id:bkkmind:20181219111055j:plain

Pretty maids all in a row という

新加入のジョー・ウォルシュの作品(上の画像には居ません)

 

曲調はイーグルスの、というより

ジョーの完全なソロワークですが。

 

The storybook comes to a close

Gone are the ribbons and bows

 

無邪気だった子供時代はもう終わったのさ、という詩が続きますが

懐かしさをもって過去を振り返るというより

虚無的というか冷たい風が心中を吹いているような

イメージを受けます。

 

そこが良かったりするんですけどね。