バンコクマインド

タイの過去現在未来と音楽映画書籍の旅

100年前を越えられない

2019年のスタートですね。

タイでは今年、総選挙が予定されています。

色々と動きの激しい年になる、のかも。

 

1919年といえば丁度100年前ですが

その年に作られた映画が、「散り行く花」~BROKEN BLOSSAMS

youtu.be

そんな大昔の映画なんて・・・

ということになりがちですが、これ

傑作ですね。

 

月並みな言い方ですが、心、震えます。

 

主演のリリアン・ギッシュの”手動スマイル”シーンが

2度、登場しますけれど

これだけの表現技法を100年前に成し遂げていたわけで

逆にいえば、続く後進の人たちは

非常に高いハードルを越えなくてはいけない。

 

で、越えられたかというと

それはかなり?のような気がします。

 

音楽にしろ小説にしろ、あるいは絵画の世界などでも

アート全般について言えることかもしれませんが。

 

この辺りは、技術的な進歩の歴史と大きく違う点で、

面白いポイントでもありますね。

Lillian Gish in Broken Blossoms or The Yellow Man and the Girl (1919)

Lillian Gish in Broken Blossoms or The Yellow Man and the Girl (1919)

Lillian Gish in Broken Blossoms or The Yellow Man and the Girl (1919)