バンコクマインド

タイの過去現在未来と音楽映画書籍の旅

二つの沈黙 篠田&スコセッシ

f:id:bkkmind:20181224234149j:plain

遠藤周作の代表的な作品のひとつ、「沈黙」

 

今までに2回映画化されていて

最初が篠田正弘監督、1971年公開。

スコセッシ版は2016年ですから、まだ記憶に新しいですね。

 

篠田版では棄教した宣教師に扮する

丹波哲郎が凄すぎます。

他の場面が吹っ飛んでしまう。

 

スコセッシバージョンは豪華キャストで、

イッセー尾形が高い評価受けてたと思います。

これ、ロケが日本じゃないんですよね。

ちょっと、そこが気になりました。

セットと周囲の自然にやや違和感が。

 

主人公が日本人ではないわけで、映像化大変ですよね。

セリフをどうするんだ、という。

日本人俳優陣も英語を使わなくてはいけないし。

 

そもそも、英語というのも可笑しな話で。

だってポルトガルからやってきたわけですからね、司祭は。

もっとも、そういうことに拘ってると

かなりの映画が、”変”になっちゃいますが・・・