バンコクマインド

タイの過去現在未来と音楽映画書籍の旅

ケンとメリーの・・・

ケンメリですよ、1972年。

当時小学生だったんですが、かっこいい曲だ!

ビビッときたんですね。

レコード屋に行ってシングル盤を買ったんです。

 

歌っているのはBUZZという男性デュオなんですが

何回かコンサートに行きました。(ガキのくせにね)

後年、食事会などで色々とお話し出来る機会を持ちましたが

お二人とも素敵な方でしたよ。

f:id:bkkmind:20181225222458j:plain

1974年発表のこのアルバム は

高橋幸宏小原礼など腕利きのミュージシャンが

バックアップ、永井充男のギターがもう最高。

 

当時としては超モダーンなサウンドでした。

有名なシュガーベイブの「SONGS」より前ですから。

f:id:bkkmind:20181225223125j:plain

なかでも赤い鳥の後藤悦二郎が作詞した「まちのうた」は

私的オールタイムのNO1ソングです。

 

「あなたが一番好きな日本の歌は?」

と聞かれたら、私はこの曲を挙げます。

初めて聴いてから

45年間、ずっとそうですね。 

 

LPレコード全体の構成は

いわゆる”コンセプトアルバム”で

ある親しい人(家族)の喪失を紡いだ作品集になっています。

 

個人のこころの中にある悲しみが

TOKYOという街に暮らす全ての人への

鎮魂歌~レクイエムに昇華されていくという流れになっていて

オープニングからラストの曲まで

一気にその世界に惹き込まれてしまいます。

 

youtu.be

 

youtu.be