バンコクマインド

タイの過去現在未来と音楽映画書籍の旅

どっちのノヴァク?

昨日のトピックの続きで

サンフランシスコ絡みで。

f:id:bkkmind:20181230204245j:plain

映画の舞台に選ばれることも多い街ですが、

ヒッチコックの「めまい~VIRTIGO」(1958年)

は、良く知られてますね。

前半などはさながら観光案内のようでもあります。

 

で、ヒロインはキム・ノヴァク

ただヒッチのタッチにはどうも今一つマッチしていないような。

やはりグレース・ケリーとかイングリット・バーグマンといった

女優さんのほうが合うような。

 

1955年の作品で「黄金の腕」(オットー・プレミンジャー監督)

のなかのキム・ノヴァクは良かったですねえ。

 

主演のシナトラも好演なんですが

観終わった時には

ノヴァクの倦怠感があって

かつセクシーな表情が、もっとも印象に残ります。

youtu.be