バンコクマインド

タイの過去現在未来と音楽映画書籍の旅

実はちっともアダルトではないのかも

f:id:bkkmind:20190104152138j:plain

AOR、アダルト・オリエンテッド・ロック、クワイエット・ストーム

ソフト・アンド・メロー、アダルト・コンテンポラリー・・・

 

もう、呼び方が色々あってよく分かりませんが

流行ったんですね、こう呼ばれる音楽が。

1970年代中頃~80年代あたりですかね。

 

ボズ・スキャッグス

ボビー・コールドウェル

ルパート・ホームズ

TOTO

クリストファー・クロス

レイ・ケネディ

エアプレイ

 

その他数えきれないくらい。

なかにはベースの音楽性がそうでない人も結構居るんですが

”それ風”のサウンドになっていると

みんな、ひっくるめられてました。

 

で、まあ大人向けの洒落たアーバンミュージックだと。

私もよく聴いてましたよ。

良い曲もありますしね。

 

ただ海外生活の長い友人(女性)が言ってました。

「何、気取ってるのかしらね。恥ずかしくて聞いてられないわ」

確かにね、それもあるかなと。

ナイーブ過ぎるというか、こういう音楽をかけている自分(あなた)自身が

笑っちゃうよ、と。

 

まあ、同じく欧米での生活が長かった人で、こういうジャンルが

大好きという人も居ましたんで

好み~何をもってかっこいいと感じるのか

の違いなんでしょうね。

youtu.be

youtu.be