バンコクマインド

タイの過去現在未来と音楽映画書籍の旅

頃合いの達人が紡ぐ絵物語~”粋”を貫いた杉浦日向子

f:id:bkkmind:20190106075035j:plain

映画の世界で黒澤、小津、木下、市川監督の作品というと

高い評価を受けますね。私も好きな作品が沢山あります。

杉浦日向子という人は、たった一人でそれらと並ぶ

いや、それ以上の偉業を成し遂げた存在だと思うのです。

 

例えば「百物語」、20代から30代前半にかけて

完成させているんですね。

これは漫画という括りを超えてしまっていて

書の世界ですね。

一コマ一コマが独立しています。

なので、サラサラと読み飛ばすことが出来ない。

 

とてつもない集中力で構成されていて

シーンの刈り込み、省略が極限に達しているので

生半可なことではついていけないくらいです。

 

身体的な事情もあったようですが、非常に速い時期に

引退宣言をされてましたね。

その後はエッセイとかテレビ番組出演を

”ご隠居”仕事で余技として楽しまれていました。

 

よく「江戸からやってきて、江戸に帰っていった」と

形容されますが、

按配、時分ということを大事にしていた人ですよね。

「さあさあ、もうよい頃合いでしょう。ではこの辺でお暇しますよ」

といった感覚でしょうか。

 

今の日本ではあらゆることが無粋になってしまったので

ちょっと早めにさよならをされたのだと思います。

 

youtu.be