バンコクマインド

タイの過去現在未来と音楽映画書籍の旅

フィリピンとアメリカ 2軒の質屋

タイの街角歩いてますと、質屋さん

結構見かけます。

 

で、質屋が舞台となっている映画を2本。

f:id:bkkmind:20190108201024j:plain

 

おなじみチャップリンの THE PAWNSHOP(1916年)

もう、チャップリンのテクニックの一大ショーケース。

いつもながらの密度の濃さにただ脱帽です。

 

youtu.be

 

もう1本はフィリピンの SANGLAAN(2009年)

マニラ下町のとある質屋に勤める女性の

日常を描いた作品です。

 

店員に扮する INA FELEO がゴージャス系のメイクをせずに

すっぴん(に近い?)フェイス&抑えた演技に好感が持てます。

 

映画やドラマ観てますと、過剰な演出が気になってしまうことが

よくありますが、この作品は淡々と下町の人間模様を撮っていて

昭和30年代の邦画のような雰囲気もありますね。

 

youtu.be