バンコクマインド

タイの過去現在未来と音楽映画書籍の旅

自死

f:id:bkkmind:20190108224025j:plain

高校生の時、いつものように

深夜まで音楽を聴いたり本を読んでいたりで寝不足、

遅刻して教室に入りました。

 

クラスのみんながしんとしています。

「〇〇君が亡くなったんだ。自殺らしい」

 

社会人時代、同じ会社に勤めていた女性が

勤務時間中に居なくなり、他所のビルから飛び降りました。

泣き崩れる先輩社員と一緒に亡骸に会いに行きました。

 

どちらの人も

親しく付き合っていたとか

同じセクションの人ではなかったので

詳しい事情、理由といったことは分かりません。

 

言葉を交わしたことは何回か、あったのです。

二人ともいつも笑顔だったと記憶しています、

とても優しげな。

 

いつも、ではありません。

でも時にこの出来事を思い出します。

これからもそうだと思います。