バンコクマインド

タイの過去現在未来と音楽映画書籍の旅

タイでへべれけ、千鳥足?

f:id:bkkmind:20190111011106j:plain

タイではここ10年くらいのあいだに

アルコール類がかなり値上げされました。

2倍近くの値段になっているものもあります。

 

一方パブやバーなどは超過当競争なので

数十バーツの設定でお客を取り込もうと必死です。

 

で、ちょっと飲む際のマナーを幾つか。

 

店内で、あるいは飲み屋街というか歓楽街のエリア内で

多少酔っぱらっているのはOK、

しかしスカイトレインや地下鉄のなかで~

というのは慎みましょう。

タイの人は”場の使い分け”ということに敏感ですから。

 

またタイでは単に「健康に悪い」といった理由でなく

「社会悪」といった観点でアルコールを捉える人も多いです。

テレビや映画、新聞の広告などでも飲酒のシーンには

厳しい規制がかかっています。

 

一気飲みの強制、強要的なことも✖。

(ごく親しい仲間内や相手がゲームとして楽しんでいてくれる場合を除いて)

 

禁酒日も年に何日かありますので、ご注意を。

(店で買えません&レストランやバーで飲めません。前日までに買っておいて、部屋で飲む分には問題ありません)

 

この辺りにちょっと気をつければ

雰囲気の良いお店もどんどん増えていますし

スーパーやコンビニなどでもアルコールの新製品

増えてますから

外国人もエンジョイできると思いますよ。

 

youtu.be