バンコクマインド

タイの過去現在未来と音楽映画書籍の旅

巨匠 松本清張大先生

f:id:bkkmind:20190112232533j:plain


あまりにも有名な作家 松本清張

テレビや映画の原作にもよくなりますよね。

引っ越しの際に本、ほとんど処分しちゃいますから

もう同じもの、何度も買ってますね。

忘れちゃうんですね、前読んだかどうか。

 

まずタイトル付けが上手いですよね。

「時間の習俗」とか「点と線」とか。

 

いわゆる本格モノ~アリバイ崩し的な作品より

小市民がなにげないきっかけで事件に巻き込まれる、

平和だった家庭に亀裂が入っていくといった傾向の

短編が好みです。

 

映画化作品では大作「砂の器」(1974年版)

がもっとも有名かと思うんですが

「内海の輪」という1971年の作品も割と好きですね。

 

f:id:bkkmind:20190112233823j:plain

 

主演が中尾彬(若い!)と岩下志麻

二人は不倫関係にあるんですが、鬱陶しくなった男は

お忍び旅行のあいだに女を殺そうと決意するわけです。

 

原作から受けるイメージとちょっと違いますが

いかにも70年代初期といった観光地(温泉、ホテル)のロケシーンが

効果的です。

 

www.youtube.com