バンコクマインド

タイの過去現在未来と音楽映画書籍の旅

おしくらまんじゅう~寅さん曰く、人間がいつまでも生きてると人間ばっかりになっちゃう

f:id:bkkmind:20190112230055j:plain

ふと、想像してですね。

 

産まれてから今までに食べてきたもの、

これを米、野菜、肉、お菓子、アルコールとかに分けて

目の前に積み上げたらとんでもない量になるんじゃないかと。

シンゴジラとかよりデカいでしょ。

 

で、たった一人の人間がこれだけ消費してるわけです。

言ってみれば、地球上の限られた資源を。

それ×数十億人分、こりゃあ無理というか

しわ寄せが絶対生じますよ。

 

確かあの有名な男はつらいよシリーズの

18作目「寅次郎純情詩集」だったかな、

寅さん、こんなセリフつぶやいてましたよ。

 

人間がいつまでも生きてると

丘の上が人間ばっかりになっちゃう

うじゃうじゃうじゃ

面積が決まってるから満員になって

おしくらまんじゅうしているうちに

隅のヤツは海に落っこちまう・・・

 

実際はもっと長かったと思うんですけどね、

頭に妙に残る場面だったんです。

 

タイと日本という世界最高のグルメ大国で過ごしてきて

飢餓の心配もなく60年近く。

まだ、あなた「美味しいもの」食べるんですか?

という声が自分のなかでするんですね。

 

なんのために、と言われれば

生命を繋ぐ、身体機能を維持するためですが

それはなんのため?

となると、私はよく分からなくなります。

 

映画では

”まあ、あんまり深く考えない方がいいんじゃないかな”

という言葉で締めるんですけどね、寅さんは。

 

youtu.be

 

そういえばこの回のマドンナ、大女優の

京マチ子、亡くなられましたね。

 

youtu.be

 

カンヌでグランプリを獲得した

衣笠貞之助監督の「地獄変」(1953年)

 

まだ20代だったにも関わらず、

貫禄の演技です。

こういう女優さんは、月並みな言い方ですが

もう、出ないでしょうね・・・