バンコクマインド

タイの過去現在未来と音楽映画書籍の旅

いつも上天気 70年代洋楽ヒット曲~有名どころをチョイと外して

f:id:bkkmind:20190115120413j:plain

 

およそ購入意欲をそそられないジャケットですが

スターバックという70年代のロックグループ。

このアルバムからヒットしたのが「恋のムーンライト」というナンバー、

youtu.be

 

もう1曲、小ヒットでしたが「I GOT TO KNOW」 

ポップで楽しい曲ですねえ。

youtu.be

 

同じ頃ヒットしたのがマルチミュージシャン

アンドリュー・ゴールドの「ロンリーボーイ」

当時ラジオ(全米トップ40)で聴いて、アルバム買いにいったんですが

そっちは今一つ・・・でもこの曲はバッチリ、ですね。

youtu.be

 

THE SYLVERS の「ホットライン」

スコーンと抜けた曇りの一点も無いナンバー。

これこそシングル曲の楽しさですね。

兄弟姉妹グループで、アルバムにも良い曲入っていました。

youtu.be

 

NITEFLYTE「イフ・ユー・ウォント・イット」

マイアミのバンドでしたね。

こちらも全米トップ40を聴いていて、すぐに気にいったナンバーです。

で、LP買いに行きましたよ。(そちらのほうはやっぱり今イチ)

youtu.be

 

余談ですが、山下達郎吉田美奈子がカバーしてますね。

如何に、この二人が上手いかというのが分かります。

ライブ演奏だけにね。

youtu.be

 

80年代に入ると、こういう曲って段々少なくなっていくんですよ。

 

それは「みんなに楽しんでもらおう、聴いてもらおう」ということでなく

まず第一に自分の音楽観ありき、「これが私の世界」ということを

表明するために音楽を”使う”ようになっていったからです。

 

時代は違いますけど、ジャズもそうですね。

延々と”マイ・ワールド”を繰り広げるようになっていく。

だからその世界観を共有できるといいんですけど、

そうでない場合、はっきり言って

超退屈。

 

内に内に音楽のベクトルが向かうようになっていって

野原や草原、表通り、人々が集まる場所でなく

鍵のしっかりかかった狭い部屋で

楽しむアイテムになっていったような気がします。