バンコクマインド

タイの過去現在未来と音楽映画書籍の旅

なぜか葛飾柴又、矢切の渡し

f:id:bkkmind:20190413210855j:plain

これはいつのことだろうか、葛飾柴又 矢切の渡し・・・

珍しく妹が同行していますが、なんの用事だったのか。

 

f:id:bkkmind:20190413211044j:plain

お団子屋さんも行ってますね・・

なにかの”寅さん”関係?

 

それはそうと寅さん~渥美清については様々な著作が出ていますね。

なかでも出色は小林信彦の「おかしな男」でしょうか。

 

f:id:bkkmind:20190413211524j:plain

 

寅さんシリーズについては初期と後年の作品では

随分と変化していますし、なかには正直

?と思うような場面もあるのですが、ご本人の体調が良くて

マドンナとの相性が良い時などは最高の切れ味があって

素晴らしいですよね。

 

私は(全作丹念に観ているわけではないのですが)

17作 マドンナは太地喜和子

32作 マドンナは竹下景子

あたりが好みです。

youtu.be

youtu.be