バンコクマインド

タイの過去現在未来と音楽映画書籍の旅

新藤監督は映画への信念と女性への愛を貫いた

f:id:bkkmind:20190425102108j:plain

 

2012年に100歳で亡くなられた新藤兼人監督。

まさに戦後の邦画の歴史とともに歩んできた人ですね。

 

溝口健二のもとで厳しいシナリオ修行に耐えた日々は

初監督作品の「愛妻物語」(1951年)に登場します。

youtu.be

 

世界的な評価が高まったのは1960年の「裸の島」

youtu.be

 

以降も社会性の強い意欲作、話題作を続々と製作していくことになりますが

多くの作品で出演していたのが

後に実生活でも伴侶となる乙羽信子

新藤監督は既婚の身でしたが、さまざまな障害を越えて

彼女への愛を守り続けます。

 

乙羽信子は70歳でガンに倒れますが、二人の最後の日々は

前掲の自著に詳細に記されていて、強い絆を改めて感じますね。

 

10年前くらいでしょうか、バンコクでかなり規模の大きい

日本映画祭が開かれたのですが、そのラインアップに

新藤監督の作品が複数選ばれていて、胸が熱くなりました。

f:id:bkkmind:20190425103717j:plain