バンコクマインド

タイの過去現在未来と音楽映画書籍の旅

JAZZボーカル そのたおやかな世界

f:id:bkkmind:20190427105340j:plain

 

ジャズボーカル、お好きな方も多いでしょう。

シンガーも凄い数になると思いますが

男女取り交ぜて、ほんの少しだけ

好きなアーティストを。

 

youtu.be

トニー・ベネット「SOMETIMES I'M HAPPY」

まさにアメリカを代表する大国民的スター

若い世代のアーティストとの共演にも積極的ですね。

この曲が収録されている「FOR ONCE IN MY LIFE」(1967年)

というアルバムは、ジャケ写がかっこよくて

部屋に飾ってましたねえ。

 

youtu.be

リー・ワイリー「MANHATTAN」(1951年)

いやあ、良いですねえ。このハスキーボイス

10代の頃「こういうのを”大人の女性”というんだろうな」

と想像しながら聴いていました。

「I'VE GOT A CRUSH ON YOU」なども最高ですね。

 

youtu.be

メル・トーメ「LULLABY OF BIRDLAND」(1956年)

はい、何も言うことはありませんですね、

あまりにも完璧で。

 

youtu.be

 ダイアナ・クラール「THE LOOK OF LOVE」(2010年)

バカラックの名品を良いアレンジで仕上げてますね。

トミー・リピューマ(プロデュース)

アル・シュミット(エンジニアリング)

クラウス・オガーマン(オーケストラアレンジ)

という完璧布陣です。

クリップも凝っていてGOOD

 

youtu.be

ジミー・スコット「ALL THE WAY」(1992年)

2014年に88歳で亡くなりました。

ケニー・バロンのピアノが泣かせます、これまた。

 

ということで、灯りをそろそろ消しましょう・・・

 

f:id:bkkmind:20190916204159j:plain