バンコクマインド

タイの過去現在未来と音楽映画書籍の旅

雨に濡れながら 佇む私たちが居る~SONGS OF RAIN

f:id:bkkmind:20190923210242j:plain

 

雨季のバンコクであります。

にもかかわらず、最近は晴れの日が多いんですが

乾季入りまで、もう一降りあるでしょう。

 

雨にちなんだ歌を幾つか、

と思ったんですが

素材として使いやすいんでしょうね。

洋邦楽問わず、膨大な曲数ですが

まあほんの少しだけ。

 

www.youtube.com


 あまりに有名すぎますが、バカラックの傑作。

 

youtu.be

 

こちらも超定番であります。

 

youtu.be

 

作者(ポール・ウィリアムス&ロジャー・ニコルス)の

初期デモバージョン。

これ聴くと、リチャードのアレンジ能力がいかに秀でているか

分かりますね。

 

youtu.be

 

”LOVE SHOWER”

というタイトルの吉田美奈子作品。

こちらは歌詞のなかに頻繁に

雨という単語が出てきます。

しとしと降るのではなく

にわか雨、ですね。

 

youtu.be

 

全米ナンバー1になったニール・セダカの名曲

セダカの70年代カムバック時の逸品ですね。

 

youtu.be

 

ユーミン&ハイファイの最強タッグ。

 

youtu.be

 

トム・ウェイツの" MARTHA" 

これが私的ベストの雨関連曲ですね。

トムの初期作品で、非常にシンプルなナンバー

歌詞も分かりやすいですね。

 

ここで出てくる RAIN 

目の前の光景としての雨を描いてるんじゃないんですね。

 

40年前の恋人に電話をかけるというのは

実際にはやや強引な設定かもしれませんが

こういう(女性からみて、おそらくは馬鹿げた)ロマンティシズム

というものを男は確かに抱いているような気がしますね。

 

明日の天気はどうだろう・・・

 

f:id:bkkmind:20190923214740j:plain