バンコクマインド

タイの過去現在未来と音楽映画書籍の旅

オリビアがオリビアだった頃~私的 OLIVIA NEWTON JOHN ベスト盤

f:id:bkkmind:20190918030453j:plain

 

近年は自身の健康状態や娘さんのニュースが

よく聞かれるオリビア・ニュートン・ジョン

今日は彼女のトピックということで。

 

この人は70年代~80年代前半にもう大ヒット連発でした。

映画も主演作、何本か撮りましたし。

日本でも凄く人気あったんですよ。

 

私は正直ファンとは言えません。

当時オンタイムで買ったアルバムは2~3枚だけでした。

で、最近感じるのはこの人の音楽性というか

残してきた作品への評価が少ないような。

 

例えばアバとかカーペンターズのような70年代組は

今、しっかり再評価されてます。

それに比べるとどうもちょっと。

 

そこで自分が好きなナンバーだけを選んでベスト盤を

作ってみました。

時代でいうと、70年代中頃のアルバム数枚と

他アーティストとのデュエット曲で構成。

 

この時代より前はカントリー色が強く、

この後はセクシー~フィジカル路線強調で

私的にはパスということで。

 

Don't stop belevin'

Slow down jackson

A thousand conversation

New born babe

Suddenly(with cliff richard)

 

Something better to do

Sam

Making a good thing better 

I can't help it(with Andy gibb)

If love is real

 

LP時代にならってA面&B面ということで。

これらの楽曲はアレンジも良いですし、

リビアの声質にぴったり寄り添っているように思います。

曲自体もメロディー美しいですから。

 

なかにはかなりの難曲もありますが

丁寧に歌いこなしてますよね。

 

リビアのこれからの日々が

少しでも穏やかであることを祈って・・・

 

youtu.be

youtu.be

youtu.be

youtu.be

youtu.be

youtu.be

youtu.be

youtu.be

youtu.be

youtu.be