バンコクマインド

タイの過去現在未来と音楽映画書籍の旅

私のラヂオ・デイズ~全米トップ40を追いかけて

f:id:bkkmind:20190920110540j:plain

 

ラジオって

今の若い人は聴くのかな?

 

私がよく聴いていたのは中学~高校時代だったかな。

NHKFMの音楽番組とか

民放ではオールナイトニッポンの一部&二部

ビートたけしの回の時など

真夜中に大笑いしてました。

 

一番熱心だったのが洋楽ヒットチャートもの。

確か土曜日昼間に

FEN(FAR EAST NETWORK)で

トップ40曲の紹介やってたんですよ。

ケイシー・ケイサム !

時間も結構長い。

 

で、それをまず聴いて

耳に残った曲を

ラジオ関東(当時)の日本版で

確かめるという。

 

日本版はメイン進行が湯川れい子

サブでチャッピーとかサカイさんとかいう

人も居たかな(間違ってたら失礼)

 

で、乏しい中味の財布と相談しながら

ヒット曲が収録されているアルバムを買いに

レコード屋に行くという。

(昔はね、LPレコード割高だったんですよ)

 

だからアルバム全体の出来がいまひとつだと

非常にガッカリしてましたね。

逆にヒット曲以外の収録曲も良いと

(捨て曲が少なければ)

そのアーティストの他のアルバムを狙っていく感じ。

 

だんだん、ミュージシャンとか裏方スタッフを覚えていくと

その繋がりで買ってみたりとか。

 

そのうちに好みの音楽がジャズやソウルなどに

傾いていったので

聴くことはなくなっていきましたが。

(これらのジャンルは総合チャートにはなかなか入ってこない)

 

湯川さんのコメント、

結構辛口でね、今でも覚えてますよ。

 

”リスナーからのお手紙です。受験勉強が大変?

そう、でも受かって当たり前なんじゃない?だってラジオ聴いてるんでしょ今”

 

”今度の〇〇の新作、なんというかボーカルと演奏がおんなじ大きさですね。

かっこいい、んじゃないのかしら。”

 

ハハハ・・今から40数年前のお話。

 

www.youtube.com

Casey Kasem.jpg

RIP. CASEY KASEM (1932-2014)