バンコクマインド

タイの過去現在未来と音楽映画書籍の旅

この1曲を忘れない⑥ アメリカ スリー・ドッグ・ナイト XTC・・・ 

f:id:bkkmind:20191006191942j:plain

 

洋楽では4回目ということで。

 

スリー・ドッグ・ナイト「OLD FASHIONED LOVE SONG」( 1972年  )

フロントの3人がいずれもパワー溢れるボーカルの

7人組で、70年代前半にシングルヒット連発でした。

オリジナル曲がほぼ0なので、アルバム単位での評価は低いですが

数々のソングライターの作品を紹介してきた功績、大ですね。

youtu.be

 

アメリカ「TIN MAN」(1974年)

ウェストコーストのグループのようでいて

実はイギリスで結成されたアメリカ人3人組。

後にデュオとなりましたが、現在でも活動続けてますね。

ビートルズを手がけたジョージ・マーチンの

プロデュースが話題になったこともありました。

youtu.be

 

アメリカン・スプリング「SHYIN' AWAY」(1972年)

当時のブライアン・ウィルソンの奥さん&お姉さんに

ブライアンが書き下ろしたナンバー。

ブライアンの絶不調時ですが、実に愛らしい曲調ですね。

やはり天才、ブライアンであります。

youtu.be

 

 グラディス・ナイト&ピップス「MAKE YOURS A HAPPY HOME」(1974年)

映画のサントラの1曲なんですが、このアルバムは素晴らしいですね。

なんといってもプロデュースがカーティス・メイフィールド

大体、サントラ盤って主題歌の他はオーケストレーションだったり

古い曲の寄せ集めだったりのパターンが多いですが

カーティスが曲も全面的に手掛けていますから。

youtu.be

youtu.be

 

ウィリー・ハッチ「STORMY WEATHER」(1976年)

うわー、堪らんですね。これはもう。

スタンダードナンバーですが、アレンジがバッチリ

決まってますねえ。

何回でも聴き返します、ただそれだけ。

youtu.be

 

XTC「EASTER THEATRE」(1999年)

やや時代が飛んでしまいますが、これはロックミュージックがいかに

成熟したかを示す(良い意味での)最良形かと。

もうクラシックの作品のようです。

全てやることはやった~その後の花束ですね・・・

アルバム全体も良いので、堂々の殿堂入り。

youtu.be

youtu.be

 

このバージョンも驚異の仕上がりですね。

youtu.be