バンコクマインド

タイの過去現在未来と音楽映画書籍の旅

一か月半ぶりの外食しかも日本料理、でも・・・

f:id:bkkmind:20200503215847j:plain

 

ガラガラのスカイトレインに乗って

ちょっとお出かけ。

 

バンコクでは今日(3日)からレストランやカフェが再オープン

(店内での飲食について)

別にそれ目当てで外出したわけではないのですが

ふと通りかかった日本レストランが開いていたので

入ってみました。

 

ガラーン

他に一組しか居ません。

 

f:id:bkkmind:20200503220204j:plain

 

いきなりテーブル番号が

19番・・・

オペレーションのブランクがあるので生物は頼みづらく

普段は滅多に注文しないカツ丼を。

 

久しぶりの外食ですが

ん?

あまり感動しませんね、

どういうわけだろう。

 

f:id:bkkmind:20200503220455j:plain

 

もう一組のお客さんはタイ人の家族連れ。

サーモンやまぐろの刺身、ガンガン注文していました。

 

あっ、このパーティション

(あと入り口での体温チェックとかアルコール消毒)

が、多分

気持ちをそいでるんだな。

”そんなことまでしてわざわざ食べなくても”

と思っちゃうんだよね、きっと。

 

なんかね、そういう自分を客観的に(俯瞰して)見たら

笑っちゃうぜみたいな。

 

f:id:bkkmind:20200503220952j:plain

 

帰り道、人影の無いオフィスビルの通路を歩いていたら

色彩の加減が

なんとも”コロナ”的でしたよ。

 

家のほうがいいな、少なくともまだ今は。

街が目を覚ますのは

もうちょい経ってからだね。

 

www.youtube.com

 

Donald Fagen の93年作

もうフェイゲンのこういう唄い方を聴くことは出来ないんだろうな、

同じように良い、ということは起きないんだよね。