バンコクマインド

タイの過去現在未来と音楽映画書籍の旅

やまだ紫、つげ義春・・・バンコクの古本屋は本日も在庫良好なり

f:id:bkkmind:20191211212033j:plain

 

またまた夢遊病者のように

吸い寄せられて

外出ついでに日本語書籍の古本屋さんへ。

 

2009年に60歳で亡くなった

やまだ紫の代表作。

画力も凄いのですが、この人は言葉の紡ぎ手でもありますね。

 

ご自身の私生活がベースになっているようですが

主人公の奥さんが発する一言一言が矢のように鋭い。

読者、特に男性は心して向かい合うべき一冊かと。

 

f:id:bkkmind:20191211212747j:plain

 

日本に居た頃、持っていたのですが

また買い直しということで。

60年代後半の作品群がもう、絶頂ですねえ。

 

www.youtube.com

 

”海辺の叙景”

ほんやら洞のべんさん”

あたりは「頁をめくって観る」映画です。

 

f:id:bkkmind:20191211213336j:plain

 

あと新書を2冊ほど。

 

ゆっくり楽しめばいいのに、一気に全部読んでしまいました・・・

目が霞んでいます。

コーヒーを飲んだら治るかな?

関係ないか・・・

 

しかしそれにしても

もう取っておくスペースが無いなあ

雑誌類は別にして1000冊、もっとありそうだな。

テーブルの上にも積んじゃってるし。

年に何回か数十冊ずつ、処分(捨てるだけですが・・・)

してるのだけれど追いつかない。

 

日本に居た頃よりはずっと軽症になっていますが

"病気"はやっぱり完治しませんね・・・

 

f:id:bkkmind:20200603094331j:plain

f:id:bkkmind:20200603094350j:plain

f:id:bkkmind:20200603094414j:plain