バンコクマインド

タイの過去現在未来と音楽映画書籍の旅

コンテンポラリーでクロスオーバーしててフュージョンな・・・

f:id:bkkmind:20200605194918j:plain


流行ったんですよね、クロスオーバーとかフュージョン

呼ばれるジャンルの音楽が。

70年代中頃くらいからかな。

それより前にもエレクトリックジャズ

~マイルスとかマハビシュヌが試みていた

タイプの音楽ともまた違うテイストの。

 

www.youtube.com

 

まあ、このような雰囲気です。

(このような、なんて言ったら偉大なミュージシャンのロニーに失礼ですが)

基本はインストルメンタル

演奏技術に秀でていて、かつ聴きやすいというのが特徴。

 

www.youtube.com

 

ジョージ・ベンソンリー・リトナーラリー・カールトン

ジョー・サンプル、スタッフ

日本勢だと渡辺貞夫高中正義カシオペア

もう挙げるとキリがないです。

 

出自はそれぞれのミュージシャンで色々ですけど

50年代、60年代から活躍していたベテラン勢も

だいたい挙ってこの手の作品作ってましたね。

 

www.youtube.com

 

二人のためのBGMに最適な・・・

(一人で聴いても仕方がない)

 

www.youtube.com

 

D・サンボーンも非常に人気ありましたね。

このナンバーはG・エバンスと演ってますから

甘さがなくて、シャープな仕上がりです。

 

これらのミュージシャンのアルバム(LP)、当時

私も結構買ってましたが

(現在はほぼ全て消失)

気に入ってたのがこちら。

 

www.youtube.com


ロック畑(オールマン・ブラザーズ!)

出身組のバンドなんで

骨太のサウンドが最高です。

彼女が居なくてもOK、男のフュージョン

 

あと、あの有名なEW&Fのインストナンバーなんですが

 

www.youtube.com

 

これがマイベストのフュージョンソングですかね。

感触が柔らかくて、しかし芯がしっかりしていて

腰が定まってる。

 

短い曲ですけど、彼らの最盛期の良さが味わえる逸品です。