バンコクマインド

タイの過去現在未来と音楽映画書籍の旅

この1曲を忘れない⑧ シールズ&クロフツ メリサ・マンチェスター ブルーノーツ・・・

f:id:bkkmind:20191215213625j:plain

 

洋楽では5回目ということで。

 

シールズ&クロフツ EAST OF GINGER TREES (1975年)

70年代に活躍した男性デュオ。

他のグループにはない独特のエキゾチックな感触が

特徴ですね。リアルタイムでよく聴いていました。

この曲はヒット曲ではないですが、アレンジも冴えていて

お気に入りのナンバーです。

www.youtube.com

 

イングランド・ダン&ジョン・フォード・コーリー

LOVE IS THE ANSWER(1979年)

同じく70年代に人気がありました。こちらのダンと

シールズ&クロフツのダンは実の兄弟。

この曲は全米トップ10入りしたヒット曲で

オリジナルはトッド・ラングレン、良い感じの

カバーですね。

www.youtube.com

 

リトル・リバー・バンド REMINISCING(1978年)

オーストラリアのグループですが、アメリカでも

大きな成功を収めました。

当時、オーストラリアへ行った際

レコードショップで

LPを買った記憶が微かにあります。

この曲はAOR調のメローな作風ですね。

www.youtube.com

 

ブルー・マジック LOOKING FOR A FRIEND(1974年)

フィラデルフィアのソウルグループのアルバムから。

大きなヒット曲は別にあるのですが、好きなナンバーです。

メンバー自身が書いてますが、かなり凝った構成で

きらびやかなフィーリーサウンドにぴったりですね。

www.youtube.com

 

ハロルド・メルヴィン&ザ・ブルー・ノーツ

REACHING FOR THE WORLD(1977年)

アイドル的な人気のあったテディ・ペンダーグラスが

脱退して、リードボーカリストが交代しての1作目。

残念ながら商業的には下降線を辿っていくことになるのですが、

この新リードの人も上手いですよね。

曲も素晴らしい出来です。

www.youtube.com

 

メリサ・マンチェスター

HAPPY ENDINGS(1976年)

いかにも(アメリカ)東海岸出身という都会的な雰囲気が魅力。

メリサにはこの後、大きなヒット曲がありますが

こういった70年代中頃のサウンド&楽曲が好みです。

同名のアルバム、ジャケも良くて

やはりよく聴いてましたね。

www.youtube.com