バンコクマインド

タイの過去現在未来と音楽映画書籍の旅

全力投球じゃないけれど、こういうのが耳に馴染むんだよねの洋楽ナンバー

f:id:bkkmind:20200505214441j:plain

 

気合の入った渾身の一曲というのも

勿論いいんですが、いい具合に肩の力が抜けたナンバーを

いくつか。

 

Janet Jackson      RUNAWAY

www.youtube.com

 

オリジナルのプロモクリップも大仏が出てくる

楽しいものでしたが、ここでのジャネットは

”俺たちひょうきん族”のベスト10に出演した歌手のように

アハハと受けまくっていて、可愛いですね。

 

Mike+The Mechanics     TAKEN IN

www.youtube.com

 

ジェネシスマイク・ラザフォードが率いた自己のユニット。

このナンバーはそれほど大きいヒットではなかったですが

お茶目な子供たちが可愛いですね。

 

Livingston& James Taylor   CITY LIGHTS

www.youtube.com

 

実の兄弟によるデュエット。

しかしお互いの距離が近いというか

なんか見つめ合ってますね・・・

この曲が収録されているアルバム(CDですが)

今でも持ってますよ、30年以上。

 

Garfunkel and Oates   WEED CARD

www.youtube.com

 

グループのネーミングが・・・

(お分かりだと思いますが、ダリル・ホールとポール・サイモンの相方

~目立たないほうの名前をそのまま使うという。しかもこちらは女性)

このクリップはどこかしら今のコロナのご時世を感じさせますね。

 

Wax   RIGHT BETWEEN THE EYES

www.youtube.com

 

アメリカ人とイギリス人による男性デュオ

(二人ともキャリア豊富なベテランアーティスト)

サンダーバード(←知ってます?)の映像などが登場する

スコーンと抜けた楽しい一曲。

 

Al Jarreau   MORNIN'

www.youtube.com

 

アルの歌唱力からすれば鼻歌レベルの作品ですが

故に聴きやすく、かなり大きなヒットになりました。

人生大肯定、この世は生きるに値する美しき世界・・・

今見ると、やけに輝いて見えません?

 

Debbie Harry     RAINBOW CONNECTION

www.youtube.com

 

ブロンディーのデビー・ハリー

TVのPUPPET SHOW出演時のもの。

1980年かな?

この時35歳ですが、とてもそうは見えないですね。

 

それから35年後、ライブでの歌唱。

すっかり貫禄がついていますけれど

健在であることが嬉しいですね。

お客さんもエンジョイしてます。

 

www.youtube.com