バンコクマインド

タイの過去現在未来と音楽映画書籍の旅

黒澤明監督の実質的遺作「夢」 頭師佳考の演技こそが圧倒的

f:id:bkkmind:20200502191019j:plain

 

黒澤監督の1990年作。

この後にも2本撮っていますので、最終作というわけではありません。

が、この一本は明らかに

監督の”遺言”です。

 

自身の子供の頃、青年~壮年時代、そして葬列の場面までが描かれています。

 

f:id:bkkmind:20200502191557j:plain


黒澤監督に扮するのは寺尾聰(最後の老年時は笠智衆

8話構成のオムニバス形式です。

 

f:id:bkkmind:20200502191638j:plain

 

目を惹く美しいシーンは幾つもあるのですが、

(スタッフは大変だったでしょうね、草や花を仕込むのが。

ただね、いかにも”植えました”感が強いんですよね・・・)

 

f:id:bkkmind:20200502191340j:plain

 

監督の特徴でもある

役者さんのセリフを通しての

”俺の話を聞いてくれ、俺はこういうふうに考えてるんだ”

的な語り場面がかなり多く、

正直、説教をずっと聞いているような心持ちになってしまいます。

(そこが、黒澤作品の持ち味でもあるんですが)

 

f:id:bkkmind:20200502192344j:plain

 

8話のなかでは

4番目の”トンネル”というエピソードが際立って素晴らしく

私は「おおっ、これだ、これなんだよ!」と

思わず身を乗り出してしまいます。

(何度観ても良い!)

 

亡霊の兵士を演じているのが

頭師佳孝

黒澤映画では常連組

(”どですかでん” ”赤ひげ”など)  

ですが、

いずれの作品でも出番の長短にかかわらず、

印象に残る名優ぶりを発揮しています。

 

ここでは顔面が骸骨メイク、

なので表情の変化とかは出しにくいわけです。

そういう難しい場面で

瞳が芝居をしてるんですよ。

あと、微妙な身体の動かし方。

 

もう演者の真骨頂ですよ。

 

でもおよそ、それに触れた評論とか目にしたことないですね。

著名な映画評論家とかの本、何冊か読んでも。

 

なので、私は強く言います。

この役者さんの演技こそが

この作品の見どころなのです!

(まあ、最後の第8話が小津監督&原節子へのオマージュになってるとか

のポイントもありますが)

 

ともかく第4話だけでも観てください。

20分もかかりません。

 

以上。 

 

www.youtube.com