バンコクマインド

タイの過去現在未来と音楽映画書籍の旅

曲良し 映像良し あまりに良すぎて失神だ!~タイポップス万歳 その④

f:id:bkkmind:20200901012404j:plain

 

洋楽聴いて半世紀、擦れっからし耳を持つ爺さまにも

新鮮に響くタイポップス。

 

新旧取り混ぜて

今日もどんどんいってみましょう。

 

www.youtube.com

 

いきなり曲も映像も絶好調ですね。

 

www.youtube.com

 

一転してシリアスなナンバーですが

どちらの曲もゲストのバンド

YELLOW FANGの女性ボーカルが良い味出してますね。

 

www.youtube.com

 

ご時世でコロナソング。

このバンドは"WONDER WHY" "UDON TOWN"

の出来があまりに素晴らしかったので

それと比べるとちょい、印象が弱いですね。

でも独特のセンスを持った好ユニットなので

今後も期待ということで。

 

www.youtube.com

 

独特のセンスといえば、temp.

この曲でもすっとぼけオフビートの独自サウンドを展開。

 

www.youtube.com

 

ある意味タイならではのビデオ。

LGBTについての歌はかなり多いんですが

まず曲がそもそも、完成度が高いですね。

このバンドはメロディアスな佳曲連発です。

 

www.youtube.com

 

さあ、ここからがおっさんアワー

いきなり20年前にタイムマシーンということで。

 

いや~、これはもう最高でしょう。

タイポップスのマイベストですよ。

移ろいやすいのは男の心なのか、女の心なのか・・・

 

www.youtube.com

 

一世を風靡したTK(Triumphs Kingdom)の

お別れ~さよならの

スワンソングです。

 

”あなたと私が見つめ合って微笑む最後の日

今日という日がとうとう訪れた

でもどうか分かって欲しい

二人の間には絆がまだあることを

もう会えないというのなら

約束しよう

あなたが戻るその日まで

私は待っている

それが私のこれからの一生であったとしても”

 

TKというとイケイケのヒット曲が多いんですが

こういうセンチメンタルなナンバーも

魅力的ですね。

 

というわけで

今回はこのあたりでお開きに。

 

www.youtube.com