バンコクマインド

タイの過去現在未来と音楽映画書籍の旅

全アルバムでトップ マービン・ゲイの "WHAT'S GOING ON" に更なるトッピングを加えたい

f:id:bkkmind:20201009115558j:plain

 

音楽雑誌で

ローリングストーンという媒体がありまして。

歴史も古くて、私も若い頃

ディスク選びの参考にしてました。

 

で、売り物のひとつが

ベストもの。

 

歴代でもっともシングルヒットが多いアーティスト、

一番売れたアルバム、総売り上げとか

ジャンルを分けてトップ100とか200のリストを

発表するわけです。

 

そのなかでも特に注目なのが

もっとも優れた内容のアルバム500

というランキング。

 

ロック、ソウル、ジャズ、ブルースなど幅広く対象にした

総合順位なので

チャートインした作品は

名実ともに折り紙付きの名作ということに

なります。

 

で、今年

その最新版が発表されて

目出度く一位に輝いたのが

 

f:id:bkkmind:20201009120422j:plain

 

マービン・ゲイの WHAT'S GOING ON"

 

傑作中の傑作ですが、一位というのは珍しいような。

大体、ビートルズの"サージャント~"

がくること多かったと思うんですよ。

 

ちなみに

2位  ビーチボーイズ  "ペット・サウンズ"

これは定位置ですね。

 

3位 ジョニ・ミッチェル  "ブルー"

4位 スティービー・ワンダー  "キー・オブ・ライフ”

5位 ビートルズ  ”アビー・ロード”

と続いています。

 

さて、マービンのこのアルバムなんですが

組曲形式になっていまして

曲間が繋がっているパートが多いんですね。

それがまた全体の構成を完璧にしているわけなんですが

一曲単位で録音されたり、演奏時間がより長い

別バージョンがあるんですよ。

 

f:id:bkkmind:20201009121437j:plain

 

それらはシングル曲のB面として収録されたり

後年になって発表されたんですが

なんとまあ、素晴らしすぎるのですよ。

 

GOD IS LOVE  (single version)

www.youtube.com

 

GOD IS LOVE (LONG VERSION)

www.youtube.com

 

SAD TOMORROW

www.youtube.com

 

あとこの時期ではなくて

もうちょい後のレコーディングなんですが

マービンが亡くなってから

発表されたナンバーでこれまた

超絶の一曲。

 

SYMPHONY

www.youtube.com

 

こういった作品をですね

単に本体にボーナストラックとして

お尻のほうに収録するのではなくて

オリジナルアルバムのほうを再構成というか

組み立て直してみたらどうかなと。

 

いや、もともと完璧でいじれないんですけど

LPでいえば、B面のパートでなんとか余地があると思うんですね。

 

うまく構成すれば

世界でナンバーワンじゃなくて

宇宙でトップのアートですよ。

どんな惑星でも(なにがしかの生物が居て、音楽があるとして)首位獲得。

 

全宇宙区間で一位決定!