バンコクマインド

タイの過去現在未来と音楽映画書籍の旅

いぶし銀! これが男のロックだぜ~UK/US取り交ぜて6選

f:id:bkkmind:20200609101939j:plain

 

今日は甘さを配した骨太のロック、

ボーカルが強力なアーティストの作品を。

 

SPENCER DAVIS GROUP     I'm a Man

www.youtube.com

 

”神童”スティーブ・ウィンウッドのボーカルが冴えわたってますね。

この人はのちにソロで大ヒット連発しますが

もう最初(というか子供の頃)から飛びぬけて上手かった。

衰えがないのも見事ですね、最近の作品でも。

つい数日前にリーダーだったスペンサー・デイビス

亡くなりましたね、合掌。

 

THE SMALL FACES   Tin Soldier

www.youtube.com

 

同じスティーブでもこちらはマリオット。

いやあ、もう言うことないですね。

ウィンウッドと違って40代で亡くなってしまって

ソロでは大きなヒットに恵まれなかったのが残念ですね。

 

JESS RODEN BAND    In a Circle~Can't Get Next To You

www.youtube.com

 

70年代中頃の演奏なので、洗練されたアレンジになってますが

ジェス・ローデンのボーカル、味がありますね。

知名度のある人とは言えないけれど、

ロバート・パーマーあたりが好きなら

一発で気にいるはずです。

 

FRANKIE MILLER   Be Good To Yourself

www.youtube.com

 

うーん、渋い。

この人もシングルヒット連発というタイプではないですが

70年代に好アルバム、リリースしてましたね。

ちょっとロッド・スチュワートを思わせる歌声かな。

 

ERIC BURDON &WAR    Bare Back Ride

www.youtube.com

 

エリック・バードンが在籍していたのは短期間でしたけど

強烈な印象を残しました。

エリックが抜けたあとのWARはラテン・ファンクのカラーが強くなって

人気が凄くありましたね。

 

THE RASCALS    People Got To Be Free

www.youtube.com


フェリックス・キャバリエとエディ・ブリガッティ

という強力ボーカリストが目玉のラスカルズ

全米ナンバーワンになった彼等最大のヒット曲(1968年)

 

今日のラインアップだと

ビールじゃないですね、

もっとアルコール度数の高い酒が合いそうです。