バンコクマインド

タイの過去現在未来と音楽映画書籍の旅

脇が締まっているから主役が光る~いぶし銀の輝き、昭和の名優たち

f:id:bkkmind:20210218000030j:plain


頑固一徹な親父がハマり役だった花沢徳衛

若い時分には画家を志していたこともあって

何冊かある著作でもその腕前を披露しています。

 

出演作は映画、テレビとも非常に数が多いのですが

コミカルな演技も達者な人でした。

 

www.youtube.com

 

f:id:bkkmind:20210218000712j:plain

 

ウルトラセブンのアマギ隊員でお馴染みの古谷敏

前作のウルトラマンスーツアクターでもあった人ですね。

スタイルが良くてイケメンです。

 

著作では時に命の危険を感じるほどハードだった

撮影時のエピソードが語られています。

 

しばらく芸能活動から遠ざかっていた時期がありますが

現在はファンとの交流にも積極的のようですね。

年齢を重ねてもスマートなポーズがカッコいい!

 

www.youtube.com

 

f:id:bkkmind:20210218001607j:plain

 

児玉清というと、なんといっても

パネルクイズ アタック25(1975年~)の

名司会者ぶりが頭に浮かびますが、

映画デビューは1950年代から。

1960年の ”電送人間” では巻頭すぐのシーンで

若き日の姿を見ることが出来ます。

 

言われないと、ちょっと分からないですね・・・

 

f:id:bkkmind:20210218002601j:plain

 

f:id:bkkmind:20210218002747j:plain

 

戦前から舞台女優として活動していた沢村貞子

気の良いおかみさんから目つきの鋭い意地悪おばさんまで

何でもこなせる芸風で出演作は膨大な数。

 

その実弟加東大介で、同じく戦前から活躍していて

山中貞夫監督の名作 ”人情紙風船”(1937年)にも出演していました。

 

f:id:bkkmind:20210218003718j:plain

 

ニューギニアでの戦争体験をベースにして書かれたのが

南の島に雪が降る

後に何度も舞台、映画、テレビドラマ化されています。

 

戦後は黒澤、成瀬、溝口、今井と数多くの作品に出演していますが

小津監督の遺作 ”秋刀魚の味” で

これまた名優の笠智衆と共演しています。

 

f:id:bkkmind:20210218004414j:plain

 

笠智衆は自著でこのシーンが大変に印象深かったと書いています。

二人のいぶし銀のやり取りに加えて

バーのマダム役の岸田今日子がこれまた絶品であります。

 

今日取り上げた皆さんは全員

(不死身のウルトラマンは別として)

お亡くなりになっていますけれども

スクリーンではその姿にいつでも会えることができます。

 

では早速・・・

 

www.youtube.com