バンコクマインド

タイの過去現在未来と音楽映画書籍の旅

タイ、コロナ感染重症者数が世界ランクでワースト10入り

f:id:bkkmind:20210713121409j:plain

 

10位 ロシア

9   チリ

8   タイ

7   イラン

6   アメリ

5   メキシコ

4   アルゼンチン

3   コロンビア

2   ブラジル

1   インド

 

さて、これはなんの順位でしょうか。

東京オリンピックの予想獲得メダル数などではなくて

現時点(7月13日)のコロナ感染による重傷者数の

ワーストランキング。

ちなみに人数でいうと

タイは3042人、日本は424人で31位です。

*引用  worldmeters 

 

昨年、欧米各国が苦しんでいた頃には

タイは確か全国で重症者の数が一桁だったはず。

他のアジア諸国も概ね

現況、厳しい事態に直面していますね。

 

でも、とかくこういった統計上の数字というのは

実情と乖離しがちなもの。

重傷者の定義なども国によって異なるでしょうし

単純な比較というのはあまり意味がないことも多い。

 

では実際の肌感覚というんでしょうか、

タイの人の捉え方はどうでしょう?

 

f:id:bkkmind:20210713122811j:plain

 

去年の第一波の頃は

「得体の知れない恐怖感」を抱いていた人が

多かったと思うんですね。

 

しかし現状は、感染の可能性が確実に身近に迫っている~

知り合いが

ご近所が

同じアパートメントやマンションの居住者が

親戚が

実際に陽性となり、医療機関に入院している。

それどころか病床が足りず

自宅待機中に亡くなる例も発生しています。

 

バンコクおよび近郊県

地方の自治体でも陽性者数が多く出ているところでは

より厳しい制限措置を取り始めていますが

短期間での事態収束はちょっと厳しいかもしれません。

 

f:id:bkkmind:20210713123947j:plain

 

バンコク市内には

在住の日本人がよく利用する

飲食店や本屋など立ち並んでいる一画があるのですが

去年のロックダウン時には営業していた 店舗でも

今回はクローズしているところが目立ちます。

 

タイの人も

可能な限り外出を控えるという割合が増えていて、

食事を一緒にする際も

食器を使い分けるなど、皆

神経を尖らせています。

 

f:id:bkkmind:20210713124757j:plain

 

スーパーマーケットなどの在庫は豊富で

品不足や長時間の行列を強いられるといったことはありません。

(私自身は昨年来、食料品や生活必需品の入手に困った経験は無し)

もともと屋台や露店、カジュアルな食堂が多数あって

持ち帰り~部屋食の選択肢も豊富です。

 

f:id:bkkmind:20210713125831j:plain

 

ただ、夜間外出禁止や県境を越える移動規制を

含む状況が長期化すると、

そのリカバリーには多大な労力と時間がかかってしまいそう。

 

今がまさに

剣が峰

ですね・・・

 

f:id:bkkmind:20210713130433j:plain

f:id:bkkmind:20210713130523j:plain