バンコクマインド

タイの過去現在未来と音楽映画書籍の旅

最初の2枚で全てを出し切ったUKミュージシャン~ジョン・マイルズ

f:id:bkkmind:20210729131002j:plain

 

1976年、でしたかね。

ラジオ~多分NHKFMだったと思うんですが

”イギリスの注目新人アーティストを紹介します”

と。

 

流れてきたのが、”MUSIC” という

シンプルなタイトルの曲。

これがね、オーケストラを大々的にフィーチャーした

ロック組曲のような大作。

印象に残ったので、早速LPレコードを買いに行きました。

 

MUSIC (2001)      

www.youtube.com

 

後年のライブですが、

いやあ~

実に大掛かりですね。

クイーンの ”ボヘミアン・ラプソディー

と並ぶ、大袈裟ロック曲の二大巨頭ですね。

(当時はね、感動したんですよ とても)

 

アルバムには実に多彩なタイプの作品が

収録されていたんですが

ロディアスな佳曲があって

それはよく聴いてましたねえ。

 

When You Lose Someone So Young

www.youtube.com

 

ファーストはアラン・パーソンズのプロデュースでしたが、

セカンドアルバムはルパート・ホームズの制作で

翌77年に発表されました。

 

f:id:bkkmind:20210729132314j:plain

 

このセカンドは非常によく出来ていて、

マイ・フェイバリットの1枚。

大都会に生きる人々の孤独をテーマにしたコンセプトアルバムなんですが

バンドの息もぴったりあっているし、

ルパート・ホームスのストリングス&ブラスのアレンジが

完璧にハマっています。

 

GRAMOUR BOY

www.youtube.com

 

ジョン・マイルズは非常に器用な人で、

楽器はなんでも弾きこなしますし

ソフトなバラードからロックンロールまで

無理なく歌えるという。

 

曲作りも上手いんですけれど

ちょっとね、〇〇風になっちゃうんですよね。

 

あっ、これはエルトン・ジョン

あっ、これはシカゴ

あっ、これはスティービー・ワンダー

 

聴いてると、かなりモロに分かっちゃうパートが続出。

確か評論家筋からも叩かれてましたよ

「あらゆる人からアイデアを借りまくってる」

とか。

 

そのせいかどうか分かりませんが、以降は正直

スケール感が作品毎に縮小していって

商業的にも落ち込んでいきました。

(それでも4枚目、5枚目くらいまではアルバム買い続けたんですけどね)

 

真にオリジナリティをもったアーティストかどうかは

ともかくとして

”歌も演奏も曲作りも全て平均点以上で、目立った弱点が無い”

そんなアーティストが居てもいいよね、

なんて思うのですけれど・・・

 

STRANGER IN THE CITY

www.youtube.com