バンコクマインド

タイの過去現在未来と音楽映画書籍の旅

10代半ばで既に円熟の境地~あまりに唄が上手かったスティーブ・ウィンウッド

f:id:bkkmind:20210821082926j:plain

 

スティーヴ・ウィンウッド

ロック界のジャイアントの一人ですが

この人は”神童”タイプのミュージシャンで

既に10代前半からステージで演奏していたという。

 

スペンサー・デイヴィス・グループの一員として

1965年のシングル

”KEEP ON RUNNING” が母国イギリスで第一位獲得。

 

Keep On Running    Spencer Davis Group

www.youtube.com

 

この頃、スティーヴはまだ17歳くらいではないかな。

驚くのは、歌唱力が半端ないこと。

他の有名どころのバンドのシンガーと比べても

突き抜けた上手さです。

 

Gimme Some Lovin'    Spencer Davis Group

www.youtube.com

 

この人は歌が上手いだけでなく

ギターもキーボードも弾けますし

コンポーザーとしての才能もあったんですね。

デビューした時に全てが備わっていたという。

 

この後、

トラフィックブラインド・フェイス

ツトム・ヤマシタのユニット

などに参加しますが、

そこでは、他に目立つメンバーが居たり

サウンドインストルメンタル)重視の作品も多かったので

ティーヴのみにスポットライトがあたったという

わけではありません。

 

ブレイクしたのは2枚目のソロアルバム

”アーク・オブ・ア・ダイヴァー”(1981年)

これは私も当時LPを買いましたね。

シングルヒットも何曲か産まれたんですが

何より、溌剌としているというか

生気に満ちてるんですね。

 

While You See A Chance     Steve Winwood

www.youtube.com

 

全ての曲の演奏、プロデュース、アレンジも手掛けています。

ぶっちゃけ誰の助けも要らない、なにからなにまで自前でOKという

完全無欠の立ち位置です。

 

これからの数作が商業的にはもっとも成功した期間でした。

全米トップ40に10曲以上、ランクインしてましたよ。

 

以降もトラフィックの再結成やエリック・クラプトンとのツアー、

寡作になりはしましたが、ソロ活動も続けています。

 

Can't Find My Way Home    Steve Winwood

www.youtube.com

 

近年の映像ですが、70歳を越えているとは

とても思えませんね。

 

ロックボーカリストの多くは年齢を重ねると

正直かなりボロボロになってしまうケースが多いですけれど

(なにせ超ガテン系の仕事ですから、無理もないのですが)

ティーブは例外中の例外で、少年時のピュアな声質を保っているというのは

ラクルレベルの出来事であります。

 

外見もスマートなままですしね!