バンコクマインド

タイの過去現在未来と音楽映画書籍の旅

やってる やってる・・・サブリミナルショット IN THE MOVIE

サブリミナル効果

という言葉がありますよね。

 

映像のなかに瞬間的に

「ポップコーンを食べよう」

と書かれたメッセージを入れ込んだら

映画館の売店の売り上げが

顕著に増えたという話はよく知られています。

 

f:id:bkkmind:20210919175451j:plain

 

こちらはイタリアのホラー映画

サスペリア”(監督・ダリオ・アルジェント/1977年)

の冒頭シーン。

ジェシカ・ハーパーがドイツの空港に到着して、

 

f:id:bkkmind:20210919175803j:plain

 

大雨のなかタクシーを拾います。

(何故か、急に周囲に人影が無くなります)

 

f:id:bkkmind:20210919180034j:plain

 

でました、運転手さんの後頭部、首筋のところに

(ジェシカではない)女性の顔が。

いきなりやっております。

 

しかしこの前後のシーンで

 

f:id:bkkmind:20210919180240j:plain

 

バックミラーやフロントガラスに

ジェシカの顔が頻繁に登場するので

よほど注意深く観ていないと

気付かないレベルかと。

 

タクシーが森のなかを進む際に

樹木がアップになるのですが

 

f:id:bkkmind:20210919180659j:plain

 

なにか、影が映ってますね。

刃物~斧でしょうか。

しかしこの場面もはっきりとは分からないですね。

 

f:id:bkkmind:20210919181056j:plain

 

ホラームービーですので

流血シーンもあるのですが

床の上に飛び散った鮮血、右側部分のシルエットが

箒を抱えた魔女になっているの、分かります?

ちょっと、これもスルーしちゃいそうですね。

 

おそらく他の場面でも「やってる!」と思うのですが

果たして観客の深層心理に働きかけて

恐怖感をより募らせることに成功しているのでしょうか?

ちょっとそれは微妙かな、という気もしますね。

(ちなみに映画自体は高い評価を受けています)

 

サブリミナル~でいえば

エクソシスト(1973年)のそれは非常に有名。

しかし、こちらはあまりにもあからさまで

観ている側は、100%気付いてしまいます。

 

f:id:bkkmind:20210919182502j:plain

 

しかも、この白塗りの男(悪魔なのでしょう、やはり)

別にストーリー本編には出てきませんので

違和感というか唐突感があるような。

無くて、構わなかったのではないでしょうか。

他に完成度の高いシーンが目白押しなのですから。

 

良い加減のサブリミナル

というのはきっと、難しいのでしょうね・・・