バンコクマインド

タイの過去現在未来と音楽映画書籍の旅

数十年間の誤解~ある一枚のジャズレコード

f:id:bkkmind:20220208122454j:plain

 

1980年頃ですかね、

当時ジャズをですね

非常によく聴いていたんですね。

 

で、ジャケ買いをしたんです。

あるLPレコードを。

レーベルはECM、部屋に飾りたくなるような

いい写真を使ってるんですよ。

 

しかし(中身のほうは)自分の好みにピタリということはなくて、

しばらくしたら手放しちゃったんですね。

それから随分経って、また聴いてみるかと

調べてみたんですが

出てこないんですね、リストに。

 

おかしいなあ、なんでかなあと。

 

アーティストの名前をですね、

完全に取り違えていたことに気付きました。

 

私はこのレコード、この人⇩のリーダーアルバムかと

思い込んでいたんですね。

 

f:id:bkkmind:20220208123238j:plain

 

カーラ・ブレイというピアニスト/コンポーザーで

多数の作品を発表しています。

 

さてレコードのほうは

ピアノ・ベース・ドラムスに

女性ボーカルが加わっている編成だったんですが

そのボーカリスト

 

f:id:bkkmind:20220208123522j:plain

 

シーラ・ジョーダンというお方。

こちらも1960年代から活動しているベテランなんですが

このシーラさんを前述のカーラさんと取り違えていたんですね、ずっと何十年も。

いやそれこそ冗談のような話なんですが。

 

カーラはですね、このアルバムの参加プレーヤーと

別のレコードで共演してるんですよ。

割と近い音楽性~繋がりがあるメンツなんで

ますます混乱しちゃったんです。

もう頭のなかがグッシャグシャですわ。

 

Baltimore Oriole     Sheila Jordan

www.youtube.com


シーラの初期録音、いい感じですね。

 

The Zoo    Steve Kuhn

www.youtube.com

 

そもそものLPのリーダー名義はこの人でした。

ティーブ・キューンさんです。

いやあ、あなたのことを忘れていたわけではないんですが

済みませんですね・・・

 

あっ、カーラの旦那さん(パートナー)

マイケル・マントラ―という人なんですが

この人もぶっ飛んだレコード作ってたんですよ。

 

Something There   Michael Mantler

www.youtube.com

 

ジャズというかプログレロックみたいですねえ。

このタイトルのスタジオ録音盤(1983年)も買いました。

ピンク・フロイドのニック・メイスンも参加)

オーケストラ入りの力作でした。

これがまたジャケが良かったんですよ。

 

f:id:bkkmind:20220208125846j:plain

 

今はどちらの作品もオリジナルの装丁では

発売されていないみたいですね。

いつの日かアナログ復刻されることを

ほのかに期待しましょうかね。

 

名前のクレジット、間違えないようにしないと・・・

 

f:id:bkkmind:20220208130939j:plain