バンコクマインド

タイの過去現在未来と音楽映画書籍の旅

兄弟姉妹で9人編成、大型ファミリーグループの光と影

f:id:bkkmind:20211228090815j:plain

 

家族(&親族)で構成された音楽グループというのは

思いつくだけで、(牛も知ってる)カウシルズ、ジャクソンズ、ビーチ・ボーイズ

などなど色々と思い浮かびますが

メンバー全てが兄弟姉妹で

もっとも人数が多い時には9人だったのが

THE SYLVERS~シルバーズというソウルグループ。

 

お兄さん&お姉さん組は

ごく小さいうちからテレビショーに出演したり

レコーディングも行っています。

 

www.youtube.com

 

70年代に入ると大手レコード会社と契約、

アルバムを3枚発表します。

メガヒットこそ無かったものの

収録曲の多くはオリジナル作品で、佳曲も多数。

 

Cry Of A Dreamer  (1973)

www.youtube.com

 

メロディが綺麗で、ハーモニーも清涼感があって

聴きやすいですね。

ソウル音楽はちょっと・・・という方の耳にも

すんなりと入ってくるのではないでしょうか。

 

f:id:bkkmind:20211228092828j:plain

 

転機は1975年に。

レコード会社を移籍&弟妹たちも加わって

大幅なイメチェンを行います。

 

Boogie Fever

www.youtube.com

 

当時のディスコブームに乗っかって

何曲か大きなヒットが続きます。

 

しかしこの方向性にいってしまうと

(EW&Fなどもそうですが)

人気が長続きしない危険性が・・・

 

1977年の ”NEW HORIZONS” は初期のアルバムのように

メンバーの自作で固め、セルフプロデュースによる意欲作だったのですが、

 

Take A Hand

www.youtube.com


セールスは低迷、その後も数年間は活動を続けたのですが

1980年代中頃には解散~自然消滅してしまいます。

 

この頃になるとマネージメントサイドとの金銭トラブルに加え

各メンバーにもプライベートな問題が次々と発生し、

決して良い時代ではなかったようです。

 

長兄のレオンは特に音楽的才能が豊かで

プロデューサーとしても評価されているのですが

曲作りが上手いんですよね。

ソウル音楽全体でも有数のコンポーザーではないかと。

 

Forever Yours

www.youtube.com

 

ディスコの時代の一発屋

ジャクソンズのミニコピー

的に見られてしまうことも多いんですが、

残された楽曲群(特にスロー~ミディアムもの)は

一聴の価値ありです。

一糸乱れぬハーモニーを機会がありましたら是非・・・

 

Lovin Me Back

www.youtube.com