バンコクマインド

タイの過去現在未来と音楽映画書籍の旅

総合チャートの壁は厚いのだ・・・偉大なるソウルマン BOBBY WOMACK

 

ボビー・ウーマック(1944~2014)

 

ソウルミュージックのファンなら誰でも知っている

そうでない人からは知名度がグーッと低くなってしまう

典型的なミュージシャン。

 

この人はティーンエージャーの頃から

音楽活動を始めていて

1970年代にはほぼ毎年1枚のペースで

アルバムを発表していました。

 

Woman's Gotta Have It

www.youtube.com

 

72年のナンバーですが、最高にカッコいい!

この人は濃厚なR&Bテイストに加えて

ロック的なフィーリングも持ち合わせていたんですね。

 

なので、業界内や仲間内からは注目されていて

かのローリング・ストーンズとも交流がありました。

 

 

作詞、作曲、アレンジ、プロデュースも全て独力でオーケー

歌もギターも上手いという

文句なしの「選ばれたアーティスト」なんですけれども・・・

 

Looking For A Love Again

www.youtube.com


その長いキャリアを通して

R&Bチャートでは安定した成績を残しているんですが

総合チャート(ロックやポップスなどと並列して集計される)

では、大ヒットと呼べるような曲が

ほぼほぼ無いんですね。

(LP~アルバムも同じく)

 

時代の先を行く革新性もあったし

良い曲も実に多いんですよ。

 

考えられる理由としては、

声とルックスがですね、ちょっと濃いのかなと。

ソウルファンにはそこがいいんですけど

ラーメンで言えば、背油が多めなんでしょうね。

 

あと、自作だけで充分魅力的なのに

ベタなカバーを結構するんですねよ。

ビートルズ、ニール・ダイアモンド、ジェイムズ・テイラーetc)

なので、ついついとばしたくなるんですね、アルバム聴いていると。

 

そしてジャケットデザインのセンスが・・・

およそ購買意欲が湧かないようなものが大半なんです。

 

マービン・ゲイとかスティービー・ワンダー

マイケル・ジャクソンやプリンスあたりは

そういう部分の ”目配り” が抜け目ないんです。

多くのリスナーから好かれる要素をそれぞれ

ちゃんと持ってるんですよね。

 

ボビーは90年代以降は極端に活動のペースが落ちてしまい、

正直、過去の人的な存在になってしまいました。

 

でも各アルバムからベストの曲を丁寧にセレクトして

CDボックスにしたら、

間違いなく星五つのマスターピースですよ。

是非に実現を!

 

Daylight

www.youtube.com