バンコクマインド

タイの過去現在未来と音楽映画書籍の旅

”黒い雨” ”海と毒薬” 原作と映画が高評価の二作品

f:id:bkkmind:20201230051824j:plain

 

井伏鱒二の「黒い雨」

遠藤周作の「海と毒薬」

 

戦後の日本文学を代表する作品としてあまりにも有名ですね。

この2冊には

 

*太平洋戦争(で起きた事項)がテーマとなっている

*回想形式を取っている

 

という共通項がありますが、

映画化された際にも同様のポイントが。

 

*モノクロである

*資金面などで製作に困難が多かった

*ともにキネマ旬報で第一位を獲得

 

www.youtube.com

 

今村昌平監督の「黒い雨」(1989年)は

広島の原爆投下で被爆した家族の物語。

原作ではそれほど登場場面が多くない女性を

田中好子(スーちゃん)が演じています。

 

f:id:bkkmind:20201230053839j:plain

 

まさに入魂と呼べる演技が圧倒的。

他のベテラン勢が

今村監督の作品としては控え目な動きとなっているので

余計に際立っています。

 

f:id:bkkmind:20201230054135j:plain

 

残念ながら

早く亡くなってしまいましたが

お元気でいたら、日本を代表する女優さんに

なられていたことでしょう。

 

f:id:bkkmind:20201230054426j:plain

 

「海と毒薬」は社会派の熊井啓監督による製作(1986年)。

捕虜になった米国人兵士に対する臨床実験(九州大学生体解剖事件)

に関わった医学部生の葛藤がテーマとなっています。

 

f:id:bkkmind:20201230055111j:plain

 

熊井監督は海外で非常に評価が高いのですが

この作品もベルリン国際映画祭で審査員特別賞(銀熊賞

を受賞しています。

監督は他にも遠藤周作原作の作品がありますね。

 

www.youtube.com

 

遠藤周作といえば・・・

中学生の頃に「彼の生きかた」という単行本を読みまして。

で、それをですね

当時好きだったクラスの女の子に貸したことがあります。

「面白いから」と。

 

なんとかきっかけにしたかったわけですね、やりとりの。

でも、ものの見事にふられました。

「悪いから返すわ」

と言われたんですが

「いいよ、いいよ。せめて取っておいてよ」

と答えるのが精いっぱいでした。

 

確か、

人間社会に馴染めない男が

ニホンザルの研究員となるストーリーだったかな。

 

なんとなくことの顛末を暗示しているような気がして

苦笑いというか大笑いですね・・・

話がすっかり脱線しました。

失礼、失礼。

次いってみよう!~拘泥しないことが長持ちの秘訣? ポール・マッカートニー

f:id:bkkmind:20201225110809j:plain

 

力の入った特集記事が売りの音楽誌

レコード・コレクターズ

 

若い時分には毎月の発売を楽しみにしていたものです。

たまたま手許に残っている号をパラパラと読んでいたのですが

作家の奥田英朗氏のインタビューが。

 

ほぼ同世代の方&著作も拝読していましたので

興味深く読みました。

 

f:id:bkkmind:20201225111256j:plain

 

インタビューの主なテーマは

ポール・マッカートニーについて。

辛口の発言が続いています。

 

”ソロ時代でも好きな作品はたくさんあるんですけど、『バンド・オン・ザ・ラン』『ヴィーナス・アンド・マース』にしても、私はもう一味欲しいなと思ってしまう。同じ色なんですよ、ポールは”

 

”・・・なんでこんなNHKの「みんなのうた」みたいな曲をやるんだ、って思ってました(笑)。ポールのそういうところを私はオブ・ラ・ディ・オブ・ラ・ダ・センスって呼んでるんです。・・・”

            (レコード・コレクターズ 2014年2月号より)

 

私もまったく同じような気持ちだったんですね。

氏もそうですが、60年代のリアルなビートルズ体験は無くて

70年代のソロアルバムをまず聴いて~ビートルズのアルバムについては後追い

という世代なわけです。

 

で、大枚はたいて買いましたよ。

(昔はレコードって割高だったんです)

ポールのソロやウィングスのアルバムを中学生の頃に。

でも正直言ってアルバム全体の完成度が高いのは氏も挙げていた2枚で、

他の(”レッドローズ・スピードウェイ” とか ”スピード・オブ・サウンド” など)

LPについては??でしたよ。

 

放り投げ、というと表現が悪いんですけど

詰めが甘いような気がするんですね。

「パッと頭に浮かんだ曲をササッと弾いて、手早く録音していっちょ上がり」

みたく。

 

ビートルズ時代の曲にも、どう反応していいのか分からない~

なんでこんな(出来が悪いという意味でなく)曲を

この位置(曲順)に置いてるのかな、という気持ちになったりしました。

 

でも、今は非常に明快に分かりますね。

それこそがポールそのものなんだって。

だからこそ、これだけの長期間を

ほぼブランクなく歩んでこれたんだなあと。

 

最近も新作、リリースしてますが

御年78歳!

ツアーも精力的にやってきてますし。

しかも2時間を越える長丁場ステージで。

 

”こだわってたら”

途中でストップ(あるいは長期のブランクに突入)しちゃいますから。

創作意欲も続かなくなっちゃうと思うんですよ。

 

曲が出来た瞬間に(あるいは作っている途中で既に)

興味を失って一旦終了。

そして、次のアイデアが湧き出てくるのを待つ。

 

リスナーはどうしても過去の作品と比較して

それより良いか悪いか、という聴き方になっちゃうんですけど

多分ポールはまったく意に介してないんでしょうね。

 

”みんな、リクエストある? 気軽に言ってね。 えーとその曲、僕が作ったんだっけ? いっぱい作ってきたから忘れちゃったよ。それよりさ、昨日思いついたメロディーなんだけど弾いてみるね。どう?”

 

ALWAYS PAUL IS ALIVE AND WELL

ですね。

 

www.youtube.com

 

割安感だけじゃない、タイの外食環境の素晴らしさ VS 日本

f:id:bkkmind:20191211214031j:plain

 

タイと日本、

どちらも食事情が良くて

外食のチョイスも実に豊富。

 

で、

「最近はタイのほうが高いんじゃない?」

という方向に話が向かうことも多いのですが

価格だけでは測れない部分も大きいと

私は思うんですよ。

 

f:id:bkkmind:20210217025641j:plain

 

日本にも安くて美味しい店

いっぱいありますよね。

 

でも ”ゆっくり” 出来ないでしょ?

そういうところでは。

まず混んでることが多いし、店の人も歓迎しないですよね。

そもそも日本人は早飯の人が多いし。

 

あと、椅子やテーブルの間隔が狭くありません?

もうキチキチ。

隣の人の咀嚼する音まで聞こえちゃうよね・・・

(コロナで事情は多少変わったのかもですが)

 

まあ、人数詰め込んで回転数を上げていかないと

やってけないよ、というのも分かるんですけれど。

 

f:id:bkkmind:20191211215235j:plain

 

その点、タイは

別に高級レストランでなくとも

スペースがゆったりしてること、多いんですよ。

伸び伸びと食事ができるのって、嬉しいですよね。

 

あと、何より

急かされません。

フードコートやローカル食堂のように

一品数十バーツで提供しているところでも

”もたもたしてんじゃねーよ” 的な

プレッシャーを感じずに済みます。

 

f:id:bkkmind:20191211215926j:plain

 

素材や味付けについての

マニアックな比較以前に、

ゆったりとした気持ちで頂くことができる・・・

 

それが

何よりのご馳走かなと。

その意味でも、タイは食の天国だと

改めて思うのであります。

 

f:id:bkkmind:20210217025551j:plain

イケメンで背が高くて上品&おまけに芸達者~MRオールマイティ ダニー・ケイ

f:id:bkkmind:20201222222626j:plain

 

随分前に亡くなっていますが

ダニー・ケイという役者さんがいます。

国連の親善大使だったり、来日もかなりしていたようですので

年配の日本人には親しみのある名前かもしれませんね。

 

この人はルックスが良いのです。

まずスラリと背が高くてぜい肉など一切無し。

端正な顔つきで物腰も上品。

 

それでいてダンスも上手く話芸も達者という

全てを備えた芸人さんなんですね。

 

f:id:bkkmind:20201222223311j:plain

 

代表作のひとつの

”天国と地獄~WONDER MAN”(1945年)は

今観ても実に楽しい映画です。

 

f:id:bkkmind:20201222223532j:plain

 

ダニー・ケイはいつも図書館に籠っている超真面目人間。

お兄さんが居るのですが、トラブルに巻き込まれて殺されてしまいます。

 

f:id:bkkmind:20201222223719j:plain

 

死んだはずのお兄さん、幽霊となって復活。

他の人には見えません。

勿論、ダニー・ケイの二役。

 

f:id:bkkmind:20201222223851j:plain

 

このお兄さんは時に弟の身体と合体してしまいます。

そうすると性格の全く異なる兄の口調と行動になってしまうわけですね。

 

f:id:bkkmind:20201222224120j:plain

 

お兄さんは生前芸人だったという設定ですので

ダニー・ケイのダンスや話術をたっぷり楽しめる見せ場が

用意されています。

 

f:id:bkkmind:20201222224340j:plain

 

特撮(というとオーバーかもしれませんが)のシーンも多いので

子供でも楽しめます。

 

日本の偉大な喜劇人、谷啓

ダニー・ケイの大ファンであったことから

名前を拝借しているのは有名な話。

 

確かに

*神経質で細部にこだわる

*現実世界から離れた空想癖~ファンタジー要素

*無国籍(様々な役柄に化けやすい)

*下ネタは避ける

*音楽に造詣が深い(ケイはダンス&歌、谷啓は楽器演奏)

などの共通項があるように感じられますね。

 

www.youtube.com

 

ジーン・ケリーとだって踊れるし

 

www.youtube.com

 

ユーモラスな演技はお手のもの

 

こういう人こそ

「マルチな才能をもった」人と言うのでしょうね。

 

www.youtube.com

 

50センチのウェストで繰り出すダンスはアスリート級~アステアも認めたヴェラ=エレン

f:id:bkkmind:20201222092121j:plain

 

アメリカはオハイオ州出身の女優さん&ダンサー。

10代の時に既にブロードウェイの舞台に立ち

後に映画界に進出、

多くのスターと共演を果たします。

 

小柄で細身の人ですが

よく見るとウェストが細すぎません?

 

f:id:bkkmind:20201222092718j:plain

 

ジーン・ケリー他と共演した”踊る大紐育”(1949年)のワンシーン、

ヴェラは右側ですが、ほかの二人に比べると明らかに痩せてますよね。

(隣の赤はアン・ミラー)

 

f:id:bkkmind:20201222093053j:plain

 

前から見ても歴然、ちょっと大丈夫なのかなと思うほど。

 

しかしこの人の踊りは凄いのですよ。

 

f:id:bkkmind:20201222093245j:plain

 

f:id:bkkmind:20201222093309j:plain

 

体重が軽いということは勿論あるのでしょうが

身体の柔らかさとかジャンプ力が半端ないです。

それでいて激しいダンスの最中でも上半身がまったくぶれません。

 

f:id:bkkmind:20201222093549j:plain

 

かのフレッド・アステアは自伝のなかで

こう述べています。

 

”彼女は本当に巧いダンサーだったね、本当にあの娘は。バレエ、タップダンス、何でも望みのものを踊ったよ。<中略> とてもやせていたが、私はそれが気に入っていた。重い女性を持ちあげるのは苦手なんだ”

(アステア ザ・ダンサー/ボブ・トーマス著/武市好古訳 新潮社)

 

f:id:bkkmind:20201222094140j:plain

 

30代で引退して早く亡くなりましたので

今ではあまり語られることもないような気がしますが

そのダンスの数々はミュージカル映画の至宝。

たっぷりと堪能しましょう。

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

この歌声を聴け!ソウルボーカルの至宝 ジェリー・バトラー

f:id:bkkmind:20201015094927j:plain

 

認知の壁、とでも言うんでしょうかね。

 

ビートルズストーンズはまあ、世界中誰でも名前知ってる。

でもキンクスとかザ・フーだとロックファンにはお馴染みだけど

一般的な知名度は急激に低くなりますね、日本では。

 

ソウルのジャンルでいえばマイケル・ジャクソンスティービー・ワンダー

マービン・ゲイ・・・アメリカ人なら若い世代の人も当然のごとく

認知度100%でしょう、少なくとも名前については。

 

でも、ジェリー・バトラーって知ってる?

と尋ねたら、誰それ?ってなるでしょうね。

まして2~3曲口ずさんでみて

と言われたら、100%アウト確実。

たとえ母国であっても。

 

Never Give You Up

www.youtube.com

 

50年代から活動しているシンガー(シカゴ育ち)ですが

60年代後半の作品群が素晴らしいんですよ。

深みのある声がね、まず文句無しですね。

 

Only The Strong Survive

www.youtube.com

 

この曲は長いキャリアのなかでも

特に大きなヒットになりましたけど

実にグレイト!

 

Moody Woman

www.youtube.com

 

70年代以降もアルバムが制作されましたけど

やはりこの時期が際立ってますね。

ジェリーは後年、政治家としての活動も続けて

80歳を越える今も健在。

 

ロックの殿堂入りも果たしてますけれど(1991年)

もっともっと多くの人に

聴かれるべき、最高のソウルマンだと思いますよ!

 

What's The Use Of Breaking Up

www.youtube.com

 

”女と男のいる舗道” には、市川崑もトリュフォーもジュディ・ガーランドもいた・・・

f:id:bkkmind:20201221010134j:plain

 

ジャン=リュック・ゴダールのあまりの傑作

女と男のいる舗道

(邦題もなんと素晴らしい!)

 

アンナ・カリーナゴダールのあれこれについては

それこそ天文学的に語られてきていると思いますので

ちょっと視点を変えて、登場人物の背後に映っているものについて

観ていこうかと。

 

f:id:bkkmind:20201221010551j:plain

 

この映画が公開されたのは1962年。

若き日のポール・アンカが微笑みかけています。

ビートルズの ”LOVE ME DO” がリリースされたのと

ほぼ同時期くらいでしょうか。

まさに時代の変わり目だったわけですね。

 

f:id:bkkmind:20201221011522j:plain

 

ナナ(アンナ・カリーナ)が勤めているレコードショップに

ジュディ・ガーランドのアルバムはあるか?」と

尋ねてくるお客が来店します。

 

当時、ジュディは映画からは遠ざかっていましたが

ステージでのワンマンショーが人気を呼んでいて

その実況録音盤(JUDY AT CARNEGIE HALL)が大ヒットしていました。

おそらくそれを買いに来たのでは?

(店には在庫が無かったのですが)

 

手前にはやはり当時ヒットしていた

トーケンズの ”ライオンは寝ている”の

シングル盤もありますね。

 

f:id:bkkmind:20201221012351j:plain

 

f:id:bkkmind:20201221012508j:plain

 

ナナが映画館で観ていたのは

名作 ”裁かるるジャンヌ”(監督 カール・ドライヤー/1928年)

ナナも画面のジャンヌに合わせて涙を浮かべます。

ラストの悲劇の結末を暗示していますね。

 

f:id:bkkmind:20201221013106j:plain

 

”野火”

という日本語が見えますが

こちらは市川崑監督の1959年の作品でしょう。

海外でも高い評価を受けた映画です。

 

f:id:bkkmind:20201221013343j:plain

 

太平洋戦争末期のレイテ島が舞台となっていますが

主役の船越英二ミッキー・カーチスが素晴らしい演技を見せます。

二人とも彫が深くて日本人離れした顔立ちですし

”大声で怒鳴りあう”

”銃弾や砲弾が飛び交う”

といった類の戦争映画ではないので、そういう部分が

共感を呼んだのかもしれませんね。

 

f:id:bkkmind:20201221014123j:plain

 

ナナの若い恋人が読んでいるのは

エドガー・アラン・ポーの(超)短編

”楕円形の肖像”

 

今手許に無いのですが、確か

画家が愛する妻をモデルとして絵を描き始め、

一心不乱になって完成した時には

妻は既に死んでいた~という筋だったと思います。

 

ここにもナナの哀しい最後が重ねられていますね。

 

f:id:bkkmind:20201221014532j:plain

 

映画の終盤に長い行列のシーンがあるのですが

トリュフォーの ”突然炎のごとく” の看板が映ります。

仲間&対抗意識が伺えて微笑ましい。

 

この作品は様々なポスターや張り紙が映るショットが

非常に目立つんですね。

セリフや役者に加えて、それらにもメッセージを持たせて

演技させてると思うんですよ、監督は。

(動いたりはしませんが)

 

観返す毎に新しい発見がある~

名作中の名作

ここにあり、の一言です。

 

f:id:bkkmind:20201221015626j:plain

 

VIVRE SA VIE  TRAILER

www.youtube.com