バンコクマインド

タイの過去現在未来と音楽映画書籍の旅

淡々とした描写にこそ怒りと哀しみのメッセージが~新藤監督の ”原爆の子”

f:id:bkkmind:20210908134814j:plain

 

新藤兼人監督の ”原爆の子”(1952年)

広島の原爆投下~被爆を扱った映画のなかでも

初期に製作された一本。

 

実はこの作品、製作の段階で

多くの困難にぶつかりました。

 

ひとつは内容面、

新藤監督の脚本について

”原爆の恐ろしさを伝えきれていない”

という関係者の批判。

(結果、別監督による映画も製作されています)

 

f:id:bkkmind:20210908135458j:plain

 

確かにメインのパートは

”その後の広島”

乙羽信子扮する教師がかっての生家や知人、教え子を訪ねる)

に置かれていて、1945年当時の描写は短めです。

 

f:id:bkkmind:20210908135744j:plain

 

戦争の傷跡はなお深いのですが

むしろ描き方としては控え目、

乙羽も感情的な行動に走ることなく

終始沈着です。

 

f:id:bkkmind:20210908140051j:plain

 

おそらく新藤監督は

”史実面の描写が少ない”

という批判が起こるだろうことを想定したうえで

ドキュメンタリー的な方向は避けたのでしょう。

 

そうすることにより、原爆の恐怖~それは今も終わっていない

というメッセージがより伝わりやすいはずだという

判断があったように思います。

 

f:id:bkkmind:20210908140625j:plain

(撮影時、平和記念資料館は建設中)

 

また資金面での苦労

(潤沢な予算が獲得できなかった)

については、監督の自著 ”愛妻記"

に触れられています。

 

f:id:bkkmind:20210908141750j:plain

 

重いテーマであるからこそ

ひとつひとつの場面を丁寧に撮る

という意識がいつも以上に

徹底されていますね。

 

f:id:bkkmind:20210908142028j:plain

f:id:bkkmind:20210908142051j:plain

 

そうそう、ひとつ気になったのは

冒頭部分で乙羽が自転車に乗っているシーンが

あるのですが、これ

かなり危ないんですよ。

柵などないですからちょっと間違えば

崖から海にドボーンです。

代役とかでなくご本人だと思うのですが

乙羽さん、怖くなかったのでしょうか、

スピードも結構出てますし・・・

 

f:id:bkkmind:20210908142454j:plain

 

映画のラストは

飛行機の爆音で

思わず空を見上げる乙羽と

かつての同僚。

 

当時の記憶と未来への不安が

交錯しています。

 

f:id:bkkmind:20210908142843j:plain

 

新藤&乙羽の名コンビは

この後、乙羽の演技力の限界に挑むような

重量級の作品群を多数、産み出していくわけですが

静的な落ち着きに満ちた本作、

私的ベストの新藤映画であります。

 

www.youtube.com

違いのわかる日本人 AOR ≠ ソフトロック

f:id:bkkmind:20210907231701j:plain

 

AOR(アダルト・オリエンテッド ロック)

というジャンルの音楽があります。

 

どんな?というと

まあ、こんなです。

 

Ebony Rain     Mark Winkler

www.youtube.com

 

さてその一方

SOFT ROCK(ソフトロック)

という呼称もあるんですが

欧米では、カーペンターズボズ・スキャッグスホール&オーツ

ライオネル・リッチー、シカゴなどは皆まとめて

その範疇に入れられてますね。

 

でも、日本の音楽ファンのあいだで使われてる

ソフトロックという言葉が指すものは

別モノなんですね。

 

こんな感じです。

 

Laura's Changing     Mark Eric

www.youtube.com

 

違いを感じます?

同じ類の音楽に聴こえます?

 

私流の解釈では

両者の違いは

ズバリ、エッチ~性的なイメージに直結してるか否か

なんですね。

 

それに対して能動的なのがAOR

無自覚であるのがSOFT ROCK

かなと。

 

Simone    Boz Scaggs

www.youtube.com

 

f:id:bkkmind:20210907234153j:plain

 

きてますよね~

夜の帳が二人を包む・・・

 

で、

こちらにはそういうフィーリングは

ないでしょ?

 

f:id:bkkmind:20210908110620j:plain

 

Take It Over In The Morning  Roger Nichols &The Small Circle Of The Friends

www.youtube.com

 

勿論、どちらがどうとかいう優劣の話じゃなくて

日本人の(区分に対する)細かさ、繊細さって

こういう部分にも発揮されてるなあ

と、なんか感心するんですよね。

 

もっとも、

≠ ではなくて ≒ の時も

多いとは思いますが・・・

 

f:id:bkkmind:20210913130955j:plain

 

いつでもそばに  大貫妙子

www.youtube.com

 

明智小五郎シリーズとサイコを足して2で割ったような ”DEMENTIA 13”

f:id:bkkmind:20210907204440j:plain

 

1963年製作の "DEMENTIA 13”

監督はかのフランシス・フォード・コッポラ

撮影当時は若干24歳。

 

ホラー、というジャンルになっていたりしますが

別に幽霊が出たりするわけではないので

(それっぽいムードは充満しています)

スリラー、心理サスペンスの範疇ですね。

 

アイルランドの豪邸に住む一家。

母親、長男、次男、三男

という構成ですが、

次男の失踪(実際は持病で突然死)をきっかけに

お話が転がり始めます。

 

f:id:bkkmind:20210907205255j:plain

 

実は一家にはもう一人

キャサリンという子供が居たのですが

10年前に亡くなっていて、

その記憶は残された家族に

暗い影をもたらしています。

 

f:id:bkkmind:20210907205505j:plain

(母親、長男)

 

屋敷内や周囲で

不可思議な出来事が続き

母親は見知らぬ男に斧で襲われたりします。

 

死んだはずのキャサリンが生き返ったのか?

それとも誰かの仕業なのか?

 

f:id:bkkmind:20210907210126j:plain

 

その謎を解くのが

かかりつけの医者(パトリック・マギー)

ちなみにキューブリック

時計じかけのオレンジ” で

強烈な演技をしていた人ですね。

(この作品では残念ながら、それほど目立たず)

 

f:id:bkkmind:20210907210408j:plain

 

まあ、真犯人は誰かといっても

長男か三男のどっちかしか

居ないわけですが。

 

f:id:bkkmind:20210907210625j:plain

(三男)

 

謎解きの面白さはありません。

というのも、キャサリンが生きている時の

回想シーンがあって、観ている側には

一発で誰が犯人だか分かってしまうのですね。

(しかも最初のほうに登場する)

 

草むらから人間が飛び出してきたり

人形がカタカタ動きだしたり

といったシーンもあるのですが

およそ怖い!といったようなレベルではありません。

(一部、”シャイニング”  のようなインパクトの強い場面もあるのですが、それはコッポラではない別人が後撮りで追加した)

 

というわけで、全体としては今一つの出来。

イデアとしては ”サイコ” を踏襲というか

そのまま頂いちゃったりしていますし。

しかし、ところどころ(恐怖心を煽る場面ではないパート)で

後のコッポラの才気を感じさせるシーンもチラホラ。

 

f:id:bkkmind:20210907211631j:plain

f:id:bkkmind:20210907211928j:plain

f:id:bkkmind:20210907212024j:plain

 

どちらかというと

前半部分が好調なので

(古城のロケは良い効果が出ています)

まあ、途中まででも

観て損はないかも・・・

しれません。

 

予告編

www.youtube.com

薩摩じゃなくて、タイの紫芋

f:id:bkkmind:20210907194738j:plain

 

さつまいも・・・

ちょっと苦手な部類でして。

じゃがいもやサトイモ、山芋あたりは

結構好きなんですけどね。

 

食べてるともたれません?

 

子供の時分、石焼き芋をね

頼まれて買いに行ったりはしました。

(多分、家族の誰かが好きだったんでしょう)

新聞紙でくるんでもらってね。

でも、正直美味しいとは思わなかったですね。

 

f:id:bkkmind:20210907195149j:plain

 

先日、近所の大型スーパーをぶらぶらしてたら

青果コーナーで、パックになっていて。

どういうわけか、カートに入れて

買ったんですね。

 

頼まれてではなく自分で買ったのって、多分

初体験ですよ。

結構量があったのに(約1.4キロ)

なんでだろう?

 

で、茹でてみました。

 

f:id:bkkmind:20210907195717j:plain

 

綺麗な色、してますねえ。

ある種

人工的ともいえるくらい鮮やか。

 

口にしてみて・・・

あっ、思ってたよりサッパリだ。

甘さもほんのりで悪くないです。

料理が出来る方なら

スイーツ~パイとかの材料に

うってつけじゃないかなあ。

 

そういえば、さつまいも~SWEET POTATO PIE~

というタイトルの歌があったよなあ。

手許のCDやらをごそごそ探してみると

 

f:id:bkkmind:20210907200231j:plain

 

アル・ジャロウジェイムズ・テイラー

”スイート・ポテト・パイ”というナンバー、歌ってますね。

それぞれオリジナルで別の曲ですけれど。

 

でも、このムラサキイモにあう曲調じゃないな。

(いったい、どういう基準だ)

 

あー、これですね。

こっちのほうがいい。

 

Soon As We All Cook Sweet Potatoes     PETE SEEGER

www.youtube.com

 

多分ね、この歌の感じだと

イモはね、茹でただけだと思うんですよ。

少なくとも凝った料理じゃないような。

なので、自分にはぴったりかなあと。

 

さてしばらくは

パンやクラッカーなどではなくて

おいもの連投ですな・・・

あの素晴らしいSPAをもう一度

f:id:bkkmind:20211015225141j:plain

 

先日バンコク市内をぶらぶらと歩いていたら

こんな張り紙が。

 

いわゆるスパ、ですね。

ちょっと奥まった場所にあるんですが

外国人やタイ人のあいだで良く知られているお店。

随分と長期間の休業を強いられているようですね。

 

私も以前はよく行っていたのですが

雰囲気も良くて、素敵なところですよ。

中はというと、

 

f:id:bkkmind:20211015225703j:plain

f:id:bkkmind:20211015225733j:plain

f:id:bkkmind:20211015225956j:plain

 

いい感じですよね。

 

マッサージも大部屋とかでなく

個室で施術してもらえます。

 

f:id:bkkmind:20211015230234j:plain

f:id:bkkmind:20211015230255j:plain

f:id:bkkmind:20211015230319j:plain

 

多分、日本でしたら

相当の価格になるでしょうけど

それに比べるとずっと割安ですよ。

 

マッサージを受けるわけですから

ディスタンス、取りようがないですもんね。

短時間で済ますというわけにもいきませんし。

そういう意味では今回のコロナ禍で

もっともダメージが大きい業種のひとつだと思います。

 

ゆったりとした寛ぎの時間が

早く戻ることを期待しましょう。

マスクなし、でね。

 

f:id:bkkmind:20211015230942j:plain

 

あの素晴らしい愛をもう一度  加藤和彦北山修

www.youtube.com

 

f:id:bkkmind:20211015231255j:plain

 

日本で一番、歌が上手い女性シンガーは誰?と自分に尋ねる

女性ボーカル、いいですよねえ。

で単刀直入に

誰が一番上手い?

のかと。

 

そもそも「上手い」の基準はなんなのか、

ということもあるし

だいたいプロの人は皆、上手いわけですよね

もともと。

 

そこで

「あらゆるフォーマットに即座に対応できる」

~そのレンジの広さという観点で

思い浮かぶ人といえば・・・

 

f:id:bkkmind:20210901130158j:plain

 

私なら、吉田美奈子

その筆頭ですね。

 

例えば、

さあ、思いきりファンクなナンバーお願いします。

コーラスもご自分でカバーしてくださいね。

とリクエストがあれば、

 

Town

www.youtube.com

 

完璧という言葉以外に

形容の言葉がありません。

 

では生で、ライブで

披露して頂けますか?

となって、

 

Town (LIVE)

www.youtube.com

 

更に上手い、

とてつもなく上手い。

 

ガラリと雰囲気を変えて

スローなジャズのバラードは

いかがでしょう?

 

My Foolish Heart     Ponta Box Meets Yoshida Minako

www.youtube.com

 

ただただ上手い・・・

 

自分の型があって、その枠では

力をグッと出せる人は多いですけれど

これだけ縦横無尽に

歌いこなせるというのは

日本のポピュラー音楽史でも

ちょっと思い当たらないような。

 

70年代始めのデビュー時から

現在にいたるまで

ずっと上手いというのが、また驚異。

 

真の音楽のミューズ

ですね。

 

頬に夜の灯

www.youtube.com

 

f:id:bkkmind:20210901132936j:plain

 

成瀬巳喜男はやはり凄かった~あまりの映像センスに脱帽 ”まごころ”

f:id:bkkmind:20210906135745j:plain

 

成瀬巳喜男の戦前の小品 ”まごころ”

全編で1時間ちょいの長さです。

 

小学校に通う信子と富子は、大の仲良し。

冒頭のシーン、途中まで一緒に下校

それぞれの家へ帰ってゆくのですが

 

f:id:bkkmind:20210906140143j:plain

f:id:bkkmind:20210906140347j:plain

 

成瀬作品の特徴である

微笑み返しならぬ視線返しが炸裂。

富子の家から信子の家への切り替えショットで

眼のポジションを揃えるという。

 

信子は

かつて自分の父親と富子の母親が

恋仲だったという話を耳にしてしまいます。

 

f:id:bkkmind:20210906141021j:plain

 

翌日、校庭の草むしりの時間に

なんとか富子に近づこうとする信子。

(立ち上がると教師に怒られてしまうので)

草を取るふりをしつつ、富子に接近。

 

f:id:bkkmind:20210906141247j:plain

 

二人きりになった後、

信子は富子へ

「あなたのお母さんと私のお父さんは昔・・・」

と伝えます。

 

f:id:bkkmind:20210906141433j:plain

f:id:bkkmind:20210906141457j:plain

f:id:bkkmind:20210906141519j:plain

f:id:bkkmind:20210906141550j:plain


ここはですね、驚異の名場面です。

話の中身が中身だけに

どちらにも葛藤やショックがあるわけです。

それを二人の距離感(近づいたり離れたり)と

姿勢(立つ、座る)や向きの違い(横すわり、椅子にまたがる)

の変化によって表現しています。

 

このシークエンスは

ヒッチコックワイルダー、黒澤、小津監督もひたすら平伏ですよ。

何気ないシーンなんですけど

あらゆる映画表現の最高峰、

まさに成瀬巳喜男の真骨頂であります。

 

f:id:bkkmind:20210906142410j:plain

 

家へ帰った富子、

団扇をあおぎながら

お母さんを疑いの目で見つめます。

おー、なんという映像美。

 

f:id:bkkmind:20210906142812j:plain

 

水着に着替えて近くの河原へ。

川の水で涙を拭います。

 

f:id:bkkmind:20210906142733j:plain

f:id:bkkmind:20210906142953j:plain

 

しかし、沈んでいく心を止めようがありません。

(この後、河原に突っ伏してしまう)

 

f:id:bkkmind:20210906143118j:plain

 

そこに信子、

信子の父、富子の母親がやってきます。

表情が固くなる富子ですが

懸命に心の整理をつけようとします。

 

f:id:bkkmind:20210906143320j:plain

 

河原で怪我をした信子はお父さんに

おんぶしてもらって家路へ。

 

お父さんの耳を引っ張って

「さよならを言わないとダメでしょ」

と優しくささやきます。

 

f:id:bkkmind:20210906143604j:plain

f:id:bkkmind:20210906143626j:plain

 

信子たちが帰った後

富子もお母さんにおんぶをせがみます。

そして同じように耳を引っ張って

後ろを振り返させます。

 

「おやおや、そんなことをしてもどこにも誰も居ませんよ」

「お母さんもさよならを言わなきゃ」

 

またまた超絶の名場面で

子供たちは親の過去を受け入れたわけです。

(子供たちの想像と実際は違っていたのですけれど)

それを責めたりはしない。

でもこれからは、私のお父さん、お母さんで

ずっといてね

というお願いをしてるわけですね。

 

f:id:bkkmind:20210906144405j:plain

f:id:bkkmind:20210906144444j:plain

 

撮影当時(1939年)は既に戦時色が強い頃で

この映画も戦意高揚のシーンがかなり盛り込まれています。

そういったパートは今観ると、時代を感じますし

違和感を覚えるセリフ(大人たちが交わす)も少なからず。

 

上映時間も短く内容も地味、大スター大挙出演というわけでもないので

およそ日本映画のベストものなどには登場しません。

成瀬監督の残した作品としても

ほとんどスポットが当たることはありませんけれど

幾つかのシーンは、本当に映画の宝物だと思いますね。

 

映画好きの方なら

死ぬまでには、是非一度は!