バンコクマインド

タイの過去現在未来と音楽映画書籍の旅

ギャンブリング、ギャンブリング・・・ところで何を賭けましょうか?

f:id:bkkmind:20191229235334j:plain

 

ドラッグやアルコールなどと同様に

ギャンブル依存症、というのも耳にしますよね。

 

で、これまた種類が豊富。

それに日常生活のあらゆる場面で成立しちゃうでしょう?

やろうと思えば。

”次、ドアを開けるのは男それとも女?当てたほうが10万円”

とかね。

 

実際各種スポーツの結果とかで、世界規模で物凄い額の金銭

動いてるんでしょうね、人の命も左右されてたりして。

 

自分に関していえば、いわゆる博才がとんとないほうなんで

ギャンブル &(対象になりそうなゲームを含めて)

にのめり込んだ~ということはないです。

 

麻雀、花札、トランプなどはそもそもルールを知らず。

玉突き、ダーツの類も出来ないですし。

競馬、競輪、競艇も興味無しですね。

 

1回だけ、競馬場に行って

(競馬好きの女性に連れていってもらった)

何レースかやってみましたが、”忙しすぎて”

ギブアップ。

もう、馬の名前の響きだけで予想してました。

(しかしトータルで、確かプラスだったような気がする)

 

アジア関連ですと、ボクシングとか闘鶏、闘犬など

思い浮かびますね。

こちらもそれぞれ1回だけ

フィリピンとタイで観に行ったことありますが、

凄い殺伐としてるというか殺気立ってましたね

会場の雰囲気。

 

確かにとてつもない額、つぎ込んでる人も居るわけですから。

 

賭ける~という言葉で連想するのは

結局、私の場合

幾つかの映画と音楽になってしまう感じです。

 

黄金の腕  1955

www.youtube.com

 

フランク・シナトラキム・ノヴァク主演、

監督がオットー・プレミンジャー

ドラッグ依存&いかさまギャンブル(ポーカー)に

焦点を当てた異色作。

かなり大胆なシーンもありますね。

シナトラがビックバンドのオーディションを受けるシーンで

ショーティ・ロジャーズやシェリ―・マンなどの

ジャズマンも登場。

 

音楽でいえば

今、頭の中で鳴っているのはこの2曲ですね・・・

 

 JOE WALSH    Life's Been Good

www.youtube.com

 

ジョー・ウォルシュの大ヒット曲。

邦題が ”この人生に賭けて”

ジョーはイーグルスに加入する前とか

ソロプロジェクトのほうがキャラ全開でいいですね。

この曲が入ったアルバム、愛聴してました。

ホテル・カリフォルニアよりも。

 

 THE WHO   You Better You Bet

www.youtube.com

 

ザ・フーの最期の全米トップ20ヒット曲。

いいナンバーですね。

キース・ムーンが亡くなって

ドラムスはケニー・ジョーンズですけれど

非常に堅実なプレイで好感が持てます。

 

うーん、やはりルーレット台やスロットマシーンが無くても

音楽を聴いていると、”ハイ”になれそうです、自分の場合。

菊池桃子 ピンク・レディー ROCKET MAN・・・高グレードな日本勢のミュージッククリップ

f:id:bkkmind:20200524110506j:plain

 

鈴木雅之菊池桃子   渋谷で5時

www.youtube.com

 

今見ると、この頃(1990年代)の東京のほうが

今より贅沢というか余裕があるような感じがしちゃいますね。

ビデオの導入部分がスッキリしているところが良いなあ。

 

早見優  溶けるようにKi ss me

www.youtube.com

 

作詞はご本人、曲(藤井隆)も素晴らしい。

優秀なスタッフが揃っているんでしょうね。

タイのミュージックビデオに似た感触もありますね。

 

Char   OSAMPO

www.youtube.com

 

おー、これは名曲じゃないでしょうか。

カッコいいよね、イントロからエンディングまで。

リズム隊&勿論ギターも最高。

 

ピンク・レディー  ペッパー警部

www.youtube.com

 

これは後年の二人がダンスの振り付けを解説するというシリーズですが

非常に感動しましたね。じーんときました。

というのも私はアイドル歌謡に全く興味が無く

テレビの歌番組(当時いっぱいあったんですよ、ベストテンものとか)

もほぼ見なかった。

ソウルとかジャズのほうがレベル上じゃん、とか思ってたんですね。

でもそうではなく、歌謡曲

例えばこの曲の歌詞展開、曲、踊りのひとつひとつが

物凄いプロ意識の結集だったことに後で気づいたんですね。

なので、リスペクトの気持ちで今いっぱいです。

 

YUKINO  We Are The World~ひとりで23人~

www.youtube.com

 

これは驚異ですね、近年まれにみるサプライズ。

私はこのアーティストさんのこと、よく知らないのですが

超絶素晴らしいの一言。

全てのメンバーについて文句なく似ていますし

これ以上やるとくどい、という一歩手前で引いている塩梅が

また絶妙です。

 

www.youtube.com

 

このバージョンですとオリジナルとの比較が出来ますけど

洋服も全てコーディネート合わせてます。

ただ似せてるのではなく、ちょいといじってる部分もあって

それがまたいいんです。

 

締めはこの曲で。

 

ROCKETMAN feat.川嶋あい  それでも僕たちは生きてゆく

www.youtube.com

 

ROCKETMANには良い曲、いっぱいありますね。

インテリジェンスが感じられる

音楽センスが何よりGOOD。

内村プロデュースふかわりょうも好きだったんですけど

音楽面でも才能爆発です。

今の時世にも訴えるパワーがあるメッセージソングですね。

暗い、ひたすらどんよりと重い小津監督の異色作 ”東京暮色”

f:id:bkkmind:20191217084420j:plain

 

これは非常に”沈んだ”映画ですね。

ほのぼの~日本情緒的なイメージをもって観てしまうと

大きく期待を裏切られることになりそうです。

小津の戦後の作品のなかでも

異常なほどダークかつ

描き方がストレートに”意地悪”です。

 

f:id:bkkmind:20191217084820j:plain

f:id:bkkmind:20191217084848j:plain

 

主役の有馬稲子は後年のインタビューで

「もう暗い役でね。<中略> やっているあいだも、

なんか憂鬱になりましたよ、ほんと」

(「君美わしく」川本三郎著)

と語っています。

 

原節子笠智衆もいつにないほどシリアスな表情、

ピリピリしています。

 

f:id:bkkmind:20191217085549j:plain

 

有馬稲子はだらしのない男(田浦正巳)に

妊娠させられ、中絶

挙句の果てに悲劇的な最期を迎えてしまうのですが

(堕胎のために訪れた)病院のシーンの次に

元気のよい原の子供のショットを持ってきたりしてます。

 

f:id:bkkmind:20191217090121j:plain

 

いつもならコメディーリリーフとして笑いを誘う

役者陣も、この作品ではひどく冷笑的かつ虚無的です。

 

常連組のなかでは杉村春子だけが

お馴染みの”ほがらか~能天気~おせっかい”おばさんを

演じていますが、あまりに他の登場人物が暗い設定なので

ちょっと浮き上がった感じもありますね。

 

f:id:bkkmind:20191217090521j:plain

 

屋外シーンも夕暮れ~夜間の時間帯が多く

エンディングに至るまで

重く垂れこめた雨雲のような圧迫感が画面を支配する

2時間20分(1957年製作)であります。

 

www.youtube.com

 

23歳にして人生の深淵を知る~”青春の光と影” by JONI MITCHELL

f:id:bkkmind:20200612213102j:plain

 

"BOTH SIDES,NOW" はジョニの作品のなかでも

多くのアーティストに取り上げられていて

よく知られていますね。

 

この曲を書いた時、まだ20代前半なわけですが

人生を達観したような~傍観者の視点が感じられますね。

英詩では韻が踏まれている箇所が多く

日本語に置き換えるのは非常に難しいような気もしますが

なんとか気を取り直して

(意)訳してみましょう・・・

 

Rows and flows of angel hair
And ice cream castles in the air
And feather canyons everywhere
I've looked at clouds that way

 

幼い頃私は、雲についてこんな想いを巡らせていました

美しく編み込まれたり綺麗に梳かれた天使の髪のよう

それとも空中に浮かぶアイスクリームのお城

あるいは羽毛で覆われた峡谷のような

 

But now they only block the sun
They rain and they snow on everyone
So many things I would have done
But clouds got in my way

でも雲というものは太陽を遮るために存在し

それどころか雨や雪を降らせもする

私にはやりたいことが、そう

しなければいけないことがあったのに

雲はことごとく邪魔ばかりしてきたのです

I've looked at clouds from both sides now
From up and down, and still somehow
It's cloud illusions I recall
I really don't know clouds at all

 

私は雲というものを二通りに捉えていました

上からのぞき込んだり下から見上げてみたり

もっと違う見方があるのかもしれない

考えてみると、雲というものは幻想だったようにも思える

今言えることは、私は雲について何も知り得なかった

ただそれだけ


Moons and Junes and Ferris wheels
The dizzy dancing way that you feel
As every fairy tale comes real
I've looked at love that way

 

かつて私は、愛についてこんな想いを抱いていました

月光に照らされた6月の花嫁

くるくると回る観覧車

そして夢見心地のダンス

おとぎ話の出来事すべてが私の身に訪れるはずだと

But now it's just another show
And you leave 'em laughing when you go
And if you care, don't let them know
Don't give yourself away

 

でも愛というものは安っぽい見世物のようで

ただ笑いながら、ずっとずっとその場から去り続けたのです

心の奥底を人に見せてはいけないのだ

秘めていた愛の気持ちは誰にも知らせないほうがいいのだと

 

I've looked at love from both sides now
From give and take, and still somehow
It's love's illusions I recall
I really don't know love
Really don't know love at all

 

私は愛について両側から眺めてきたのです

与える愛と受け取る愛

そう、もっと違った愛の形もあったのかもしれない

振り返ってみると、それはただの幻想だったようにも思える

今はっきりと分かっていることは

私は愛について何も知りえなかった

ただそれだけ

Tears and fears and feeling proud
To say "I love you" right out loud
Dreams and schemes and circus crowds
I've looked at life that way

 

かつて私は、人生についてこんな希望を持っていました

涙や恐れの感情を乗り越え

”あなたを愛しています”

と誇り高く伝える時が来るだろうと

未来への様々な夢や計画を語り合う友が

たくさん居てくれるのだろうと

Oh but now old friends they're acting strange
And they shake their heads
And they say I've changed
Well something's lost but something's gained
In living every day

 

今、私の古い友達はすっかり変わってしまいました

そして彼らは首を振って言うのです

”君は昔と違ってしまった”と

そう、変わったのは私かもしれない

日々の暮らしのなかで色々なものを得て、

そして失ってきたのだから

I've looked at life from both sides now
From win and lose and still somehow
It's life's illusions I recall
I really don't know life at all

 

私は人生というものの表と裏を見てきました

勝者の側と敗者の側、もしかしたら

違う見方もあったのかもしれないけれど

今にして思うと、人生とは幻想だったようにも思える

私は生きるということの意味を

なにひとつ知りえなかったのです。

 

・・・

 

うーん、言葉数が多いわけではないのですが

哲学的かつ抽象的でもあるので

本当のところの訳というのは不可能な気がしますね。

 

1970年

www.youtube.com

 

2000年

www.youtube.com

 

近年のジョニは健康状態が思わしくないようですが

まさに”天才”の称号がふさわしいアーティスト、

70~80年代に

どれだけ彼女のアルバムを聴いたことでしょう。

 

www.youtube.com

 

スタジオ盤(2000年)では大編成ストリングスの

アレンジの妙がよく聴き取れます。

指揮がジャズ・ビッグバンド第一人者のヴィンス・メンドーサ、

サックスがウェイン・ショーター

 

心身の安らかな日々がジョニに続きますように・・・

その鐘を鳴らすのは、どなた?

f:id:bkkmind:20191113215233j:plain

 

タイのパブやバーに行きますと

よく店内に鐘が吊るしてあります。

 

まあ要はこの鐘を鳴らすと、店のスタッフ全員に

ドリンクを1杯ずつ奢る

ということになるわけですね。

 

もっとも規模の大きい店ですと、

数十人分になってしまうこともあるわけで、

金額が明示してあるケースもありますね。

〇〇〇〇バーツで、全員に~

という感じです。

 

以前はよく目にした(耳にした)気もしますが

最近は、皆

財布のひもが固いのか

あまり見かけなく(聞かなく)なりました。

 

ところで鐘を鳴らす~ring a bell

という表現は

微妙に色々なニュアンスがあるようですね。

 

昔、Ring My Bell

なんていう曲があって

その意味するところについて

結構話題になったりしました。

 

www.youtube.com

 

先月、79歳にして新作を発表した

ボブ・ディランには

Ring Them Bells

というナンバーがありました。

 

www.youtube.com

 

ディランとくればザ・バンド

こちらは Ring Your Bell というタイトルです。

 

www.youtube.com

 

タイではいわゆる”夜の街”の店舗は

3月中旬以来、最近までクローズしていました。

7月に入ってから営業が許可されましたが

マスク着用とか距離を取るなど様々なルールが課せられています。

 

新型コロナについては感染拡大のぶり返しや

第二波、第三波がやってくるとも言われています。

”距離の近いサービス”が売り物の業種には

厳しい時代が続きそうですね。

果たして、コロナ以前のような

営業スタイルに戻ることができるでしょうか・・・

 

 ・・・鐘は残りそうですね、

人と人との接触ではないですから、むしろ安全かも。

座席ひとつひとつに備え付けられたりして。

店側からのお願いにこんなノーティス。

 

”出来ましたらスタッフに声をかけず、鐘だけ鳴らして頂けますでしょうか。

黙ってドリンクお持ちします。私たち従業員も全員頂戴しますので。

これがもっともセーフティーなニュー・サービスでございます”

 

なんてね。 

JAPAN VS THAILAND~国内旅行は日本の圧勝?

f:id:bkkmind:20191231091244j:plain

 

別に海外ということでなく

国内での旅、ということを考えると

改めて日本の凄さというか多様性を感じます。

 

まず各地の郷土料理、美味いものがもうあり過ぎる。

食材も豊富ですし、季節による変化も楽しめます。

宿もね、全国各地に温泉が湧いてますから

これも大きな魅力。

 

f:id:bkkmind:20191231091827j:plain

f:id:bkkmind:20191231091915j:plain

 

タイはどうかというと

勿論あります、その地方ならではの名産品&料理。

ただ内陸県が多いですし、年間の気温差もそれほどないですから

どうしても似通ってきちゃう面がありますね。

 

ファンの人も多いイサーン(東北)料理、

確かに地元に行けば本場の味を堪能できますけれど

食べれるのかな、と。

味付けの面で。

 

タイ南部もそうですね。

旨い料理ありますけれど、結構強烈ですよ。

普段日本やバンコクでタイ料理、食べ慣れてる人にとっても。

 

f:id:bkkmind:20200628090753j:plain

 (サトゥという豆を使った南部の炒め料理、香りというか匂いがかなりあります)

 

移動の面ではどうかというと、

飛行機&長距離バスの便が豊富なので

その地方の主だった都市には行きやすい。

あと、タイはホテル

コスパもいいですしね。

 

でもその先は、車が無いとどうにも楽しめないですね。

車両をチャーターするか

現地催行のツアー参加になってしまう。

日本のように電車&路線バスの組み合わせで

あちこち見て周るというわけにはなかなか。

 

友人のタイ人や在タイの外国人も

旅行先を選ぶ場合、

どちらかというとタイ国内ではなく

外国をチョイスする割合が多いような。

数時間のフライトで行ける国、いっぱいありますしね

周りに。

 

ただしばらくは

なかなか海外旅行には行けないかも。

ということで、タイでは今

国内旅行に行こう!キャンペーンをやっています。

(日本も go to~とかあるみたいですね)

 

考えてみると自分も

チェンマイやチェンライ、プーケット、サムイ

など10年、20年以上

訪れてません。

 

ある意味、良い機会ですからどこか

地方に行ってみましょうかね。

でも、わざわざマスクをして遠出するというのも 

正直気乗りしません。

 

f:id:bkkmind:20191231094603j:plain

 

昔、あちこち行ったしね、

やっぱりステイ

stay home(bangkok)

でいいや・・・

 

JACKSON BROWNE     Stay

www.youtube.com

評判の悪いタイの電線・電話線 これはこれで美しくないかい?

バンコクの街を歩いていて

ひょいと上を見上げると

線が~電話とか電気の

もうぐちゃぐちゃになってること、よくあるんですね。

 

f:id:bkkmind:20200528214331j:plain

 

実際景観としても宜しくないし、他にも色々と弊害があるわけで

地中化の計画も進んでいるようです。

しかし大通りだけならともかく、路地全体となると

ちょっと無理ではないかな、という気もしますね。

 

で、あくまで見た目の問題ということですが

こんなん、どうでしょうね。

 

f:id:bkkmind:20191127204041j:plain

 

これはこれで美しくありません?

 

f:id:bkkmind:20191127204128j:plain

 

実用面で支障が無いようであれば

ありかなあ、なんて。

南の国らしくていいじゃないですか。

PM2.5対策になるかもしれないし。

 

ま、そんなわけにはいかないでしょうけど・・・

  

f:id:bkkmind:20200624144019j:plain

 

ところで

電話線、という言葉で思い出すのは

この曲かな?

 

ELO   Telephone Line (1976)

www.youtube.com

 

全米チャートでもトップ10に食い込んでましたね。

ラジオ聴いて耳に残ったんで、アルバムも買いましたよ。

当時の三大ド派手グループが

クイーン、ELO、アース・ウィンド&ファイヤー。

 

日本盤のタイトルが凄くてね、

”オーロラの救世主” ”第三世界の曙”(ELO)

”創世記” ”天空の女神”(アース)

”戦慄の王女” ”華麗なるレース”(クイーン)

とか。

いったい、どんな世界で誰が住んでるんだ・・・

 

アルバムジャケットもこれまたSF大作映画みたいな。

まあ、良き時代

だったんですよね。