バンコクマインド

タイの過去現在未来と音楽映画書籍の旅

映画

これぞB級ホラーのお手本、”CARNIVAL OF SOULS~恐怖の足跡”

1962年のアメリカ映画ですが ホラー系、特にB級テイスト好きのファンからは 非常に評価の高い作品です。 グロテスクなお化けがどーんと出てくる系統ではなく 心理サスペンスとしてのドラマ性が強いので、 一般の映画ファンの方でも 確かに一見の価値あり…

「彼を殺したのは私です」女性による殺人名画2編、シモーヌ・シニョレ&ブリジット・バルドー

今回は、女が男を殺す映画を2本。 どちらも名監督 アンリ=ジョルジュ・クルーゾーが手掛けた逸品です。 1955年の ”悪魔のような女” は シモーヌ・シニョレとヴェラ・クルーゾー(監督の奥さん) の二人が、ヴェラの夫を風呂場で溺死させて 死体をトラ…

戦後間もないエンタメ大作~ ”大江戸五人男”

戦前に数多くの傑作時代劇を撮った 伊藤大輔監督の1951年度作品。 太平洋戦争終戦後、僅か6年後の製作ですが、 阪東妻三郎、市川歌右衛門、月形龍之介、山田五十鈴、高峰三枝子 河原崎権十郎、花柳小菊、三島雅夫、進藤英太郎、高橋貞二・・・ と華やか…

車の座席で延々と二人芝居、見どころの多いB級サスペンス ”DETOUR”

1945年製作のアメリカ映画 (監督/エドガー・G・ウルマ―) 低予算&早撮り&上映時間の短い(67分) 典型的なBクラスムービーなんですが これはなかなかに印象深い佳作であります。 ニューヨークに住むピアノ弾きのトム・ニール 彼女に会うためにヒッ…

これもアメリカンドリーム? 良妻賢母は人間ではなかった・・・”ステップフォード・ワイフ”

1974年製作のアメリカ映画 The Stepford Wives (監督/ブライアン・フォーブス) これはなかなか面白い作品ですよ。 原作は ”ローズマリーの赤ちゃん” で知られる アイラ・レヴィンなんですが、 テイストが似ているところがあります。 ”ローズマリー” …

登場人物は全員小悪党、色と欲にまみれた人間模様の ”からみ合い”

監督/小林正樹 撮影/川又昂 音楽/武満徹 と、一流どころのスタッフが揃った1962年度作品。 主演は岸恵子、当時30歳ですが クールビューティぶりを存分に発揮しています。 岸が秘書として勤務する会社の社長(山村聰)が 病に倒れ、余命宣告を受けま…

こちらが元祖~落ち着き払ったパニック巨編 ”SOSタイタニック/忘れえぬ夜”

タイタニック、といえば なんといっても1997年の ディカプリオ版が有名ですね。 ”A Night To Remember” は それに先立つこと約40年前に製作された イギリス映画(監督/ロイ・ウォード・ベイカー) どちらも史実がベースですから ストーリーの大枠は同…

車椅子が名脇役、そんな洋画を見てみよう

2011年公開のフランス映画 ”Intouchables” (監督/エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ) 世評も高かったですし、商業的にも成功したようですね。 介護役のオマール・シーの設定が 「やたらに落ち着きがない人物」というのが成功してますね。 し…

家が人を食べて若返る話です~豪華スター出演の ”BURNT OFFERINGS”

1976年製作のアメリカ映画 (監督/ダン・カーティス) 一組の夫婦(オリヴァー・リード&カレン・ブラック)が 夏のバカンスを過ごすために貸別荘の見学にやってきます。 建物は相当古く、手入れが行き届いていないのですが 破格の賃料が魅力で契約。 …

天国は空の上ではなく、二人の暮らす屋根裏部屋にある~傑作映画 ”第七天国”

いい映画だなあ~ 実に実に素晴らしい・・・ 映画史に残る一本ですよ。 時は第一次世界大戦直前、 パリの下町に暮らすジャネット・ゲイナーは 意地悪な姉に苛め抜かれて、自殺を考えます。 偶然通りがかった青年(チャールズ・ファレル)が それを止めます。…

九十九で止めておけ・・・”妖怪百物語”

1968年製作の”妖怪百物語”(監督/安田公義) お馴染みの百物語をモチーフにした時代劇で 主演は藤巻潤、高田美和、坪内ミキ子。 林家彦六(八代目林家正三)師匠の口上がたっぷり聞けたり、 その他の脇役陣も好演で 決していい加減な内容ではありません…

私はだぁれ? 一人二役の ”めまい” &”死刑台への招待”

一人の役者さんが複数の役を演じる。 双子とか兄弟姉妹の場合が多いかと思いますが、 まったくの他人に扮することもありますね。 ヒッチコックの ”めまい” (1958年)は そのなかでもよく知られている有名作です。 二役を演じるのがキム・ノバクなんです…

イドウダイスキ~伊藤大輔監督のあまりの傑作時代劇三本

ちょっとこちらをご覧くだされ。 「映画検定」キネマ旬報映画総合研究所編/キネマ旬報社 1927年度の日本映画のベスト10 伊藤大輔という名前の監督作品が3本ランクインしています。 「日本映画ぼくの300本」双葉十三郎著/文藝春秋 1927年から…

カメラワークが冴えわたる、オカルト映画のディフォルト ”オーメン”

リチャード・ドナー監督の ”オーメン”(1976年) ”ローズマリーの赤ちゃん” ”エクソシスト” と並ぶ、悪魔系ジャンルの定番映画です。 当時話題になったのが グレゴリー・ペックの起用。 えっ、あの ”ローマの休日” の? まあ若干、既に「往年の」という…

「猿が猿を殺した」・・・SF映画の金字塔 初期 ”猿の惑星”五部作

あまりにも有名な”猿の惑星”~PLANET OF THE APES~ 1968年の第一作がなんといっても圧倒的に素晴らしく、 まさに映画の殿堂入りであります。 (監督/フランクリン・シャフナー) 続く ”続・猿の惑星” は 前作のヒットを受けて、無理やりのストーリー構…

これぞウェルメイド、爽やかなそよ風のような映画 ”都会の横顔”

戦前に、”有りがたうさん” ”按摩と女” ”簪” などの傑作を残した 名匠清水宏監督の1953年度作品。 およそ取り上げられることのない映画ですが・・・ なかなかに素敵な佳品ですよ。 主演に池部良。 キャバレーのサンドイッチマンという ちょっと珍しい役柄…

引き伸ばされたのはネガではなくて、儚い夢 ”欲望”(1966年)

言わずと知れたミケランジェロ・アントニオーニの有名作品。 特に映画好きの方でなくとも観た方が多いのではないかと。 宣伝素材もカッコいいしね。 そして感想はですね、おそらく(間違いなく) 「なんじゃこれ・・・よく分からん」 だと思うんですよ。 褒…

”1984” あらゆる文学作品の最高峰を映像化すると・・・

言わずと知れたジョージ・オーウェルの ”1984”(Ninghteen Eifhty-Four) 私が読んだのはハヤカワ文庫版~今の新訳/装丁ではなくて 70年代前半に出版されたバージョンでした。 狭義で言えば、ディストピアSFの聖典ということですが そこで描かれてい…

70年代ってこんなに暗かったっけ? あまりにヘビー&マイナー調の日本映画タイトル

1970年代にはすっかり斜陽の時代に入っていた 日本映画。 それでも多くの作品が製作されていたわけですが、 当時まだ子供だった自分は それらを映画館で観た、という記憶はほとんどありません。 ですんで同時代の記憶としては語れないのですけれど ちょ…

貶しどころは多いが、褒めどころが少ないリメイク映画 ”スペースインベーダー”

ホラー映画の金字塔 ”悪魔のいけにえ”で知られる、トビー・フーパーの1986年作品。 (こちらはホラー系ではありません。B級テイストのSFムービーです) 或る晩、一人の少年(ハンター・カーソン)が 町はずれに巨大なUFOが着陸するのを目撃。 それ以来、…

全ては分からない・・・そういう映画もあるよね ”第七の封印”

イングマール・ベルイマンの超名作 ”第七の封印”(1957年) この作品が悪く言われることはないですね。 もう圧倒的な高評価のオンパレードです。 うん、そうなんでしょうね でしょう・・・とか言えないんですよ。 非キリスト教徒の私には。 (ちなみに無…

13分&26分、魅力あふれる新旧ショートムービー2本

まあ、だいたい映画は一時間半~二時間くらいありますね。 ものによってはそれより長い作品も珍しくない。 それじゃあちょっと長すぎる・・・と敬遠する向きも居られるのでは? 今日の2本は短いですよ。 まず2021年製作の "CASE BY CASE" 登場人物は一…

盟友たちの思いを継いで・・・84歳の市川崑監督作品 ”どら平太”

巨匠、市川崑の晩年の作品(2000年公開) もともとの脚本が書かれたのが1960年代、 市川に加えて黒澤明、小林正樹、木下惠介と 錚々たる顔ぶれの共同執筆です。 町奉行に扮する役所広司が ”うまく泳いで” 悪い奴らを一網打尽、根こそぎやっつけると…

ゲージツはやっぱり爆発だ~オーネット・コールマン&ジョージ・クリントン

でました、オーネット・コールマン オーネットの前にオーネットは居ず オーネットの後にもオーネットは居ないという。 Midnight Sunrise Ornette Coleman www.youtube.com 典型的なオーネット流儀のダンスミュージック。 JAZZ史には必ず登場する巨人ですが …

恐怖の振り子のバリエーション エドガー・アラン・ポーの世界

エドガー・アラン・ポーといえば 言わずと知れたアメリカの大作家。 明智小五郎シリーズで有名な江戸川乱歩は そのままペンネームとして使っているのは よく知られていますね。 短い生涯(没年40歳)でかなりの数の著作を残していますが 映像化された作品…

日本のチャップリン、小倉繁の体当たり演技が見もの ”子宝騒動”

戦前の日本喜劇映画の巨匠 齋藤寅次郎監督の ”子宝騒動”(1935年) 主演は和製チャップリンと言われた小倉繁、 確かにチョビ髭やヘアースタイルの見た目がそっくりです。 既に子沢山の家庭なのですが 奥さんはまたまた妊娠中 突然陣痛が始まり、夫の小倉…

夫婦の倦怠期を撮ったら日本一、成瀬巳喜男の ”妻”

会話がほとんど無くなって、笑顔が消えた夫婦の日常を淡々と描く・・・ まさに成瀬巳喜男の真骨頂の一作(1953年)ですが 他の名作群(”めし” ”浮雲” ”おかあさん” ”山の音” ”流れる”) などと比べると、あまり話題に上ることがありませんね。 覇気のな…

邦題の付け方が変! しかしこれは力作の ”FIGURES IN A LANDSCAPE”

鬼才、ジョゼフ・ロージーの1970年監督作品。 原題が、”Figures In A Landscape” で邦題が ”風景の中の人物” いや、あのね 絵画じゃないんだからさ。 映画のタイトルになってないでしょうよ。 (日本では実際に封切りされたのかな?) 後年にテレビ放送…

半世紀、覚えていたこのシーン ”妖怪大戦争”(1968年)

私の子供時代には 映画は気楽に楽しめる娯楽ではありませんでした。 動画のチャンネルや配信サービスは勿論のこと レンタルのDVDやビデオも存在せず、 テレビ(はありましたが)を、家庭で録画するということも 出来ませんでしたので。 なので、映画館に行く…

L.A. の M  ブエノスアイレスの M

ジョゼフ・ロージー監督の ”M” (1951年) 映画史に燦然と輝くフリッツ・ラングの名作(1931年)の リメイク。 となると、コケてしまうのでは?と思ったりもするのですが さすがロージー、二番煎じと言われないように工夫を凝らしています。 ラング…