バンコクマインド

タイの過去現在未来と音楽映画書籍の旅

音楽

次いってみよう!~拘泥しないことが長持ちの秘訣? ポール・マッカートニー

力の入った特集記事が売りの音楽誌 ”レコード・コレクターズ” 若い時分には毎月の発売を楽しみにしていたものです。 たまたま手許に残っている号をパラパラと読んでいたのですが 作家の奥田英朗氏のインタビューが。 ほぼ同世代の方&著作も拝読していました…

この歌声を聴け!ソウルボーカルの至宝 ジェリー・バトラー

認知の壁、とでも言うんでしょうかね。 ビートルズやストーンズはまあ、世界中誰でも名前知ってる。 でもキンクスとかザ・フーだとロックファンにはお馴染みだけど 一般的な知名度は急激に低くなりますね、日本では。 ソウルのジャンルでいえばマイケル・ジ…

マイ・リアル ”湘南サウンド” ブレッド&バターの充実70年代三部作

デビューが1960年代という まさに大ベテランのブレッド&バター。 いわゆる”湘南サウンド”の代表的グループですが 平塚生まれで藤沢育ちの私には 年代的にも一番しっくりハマる 「地元の音」ですね。 1973年の ”IMAGES” は ロンドン録音という当時と…

超カルト&大失敗のリメイク映画 "失われた地平線"(1973)

”失われた地平線”~LOST HORIZON は1933年に発表された人気小説。 名匠フランク・キャプラが4年後に映画化し 高評価を受けます。 www.youtube.com 時は流れて1973年、巨額の予算が組まれて リメイク版が作られます。 アジアの山中奥深くに迷い込ん…

理屈や能書きは要らない、おいらはこれが好きなんだ~JAZZ MUSIC編

以前のソウル、ロックに続いて ともかくこれが好きなんだ! のジャズ編です。 TEO MACERO Oops! Mr.Mingus www.youtube.com マイルス・デイビスの一連の名作をプロデュースした テオ・マセロのビッグバンド形式のアルバム収録曲。 同じくジャズの巨人チャー…

宇宙からやってきて、宇宙へ還っていくミュージシャン WAYNE SHORTER

今年87歳を迎えたウェイン・ショーター。 前にも取り上げたことがありますけれど 私がもっとも好きなこのジャズミュージシャンの 際立つ天才ぶりを、評伝「フットプリンツ」 (ミシェル・マーサー 著 新井崇嗣 訳 /潮出版社) から幾つか拾ってみましょう…

挾間美帆の音世界がJAZZの未来を紡いでいく~GREAT ! MIHO HAZAMA

どうしてもね、昔のアーカイブについて 触れちゃうことが多いんですけどね、音楽のトピック。 今日は現役バリバリの素晴らしき 日本人アーティストについて。 こんな方です。 www.youtube.com もともとクラシック畑の人ですが 現在では自己のビッグバンドを…

AS THE STARS FILL THE EVENING SKY

When the world gets too much to carryAnd when life becomes too bizarreAnd all of my friends seem ordinaryAs compared to the Rastafar この世の中がやりきれなくなったり 生きていくことが奇怪にすら思えたりする ラスタファー達に比べれば 友との会…

おいらは天邪鬼~有名アーティストの有名曲をあえてスルーする

ジョージ・ハリスンのソロナンバーでもっともヒットした曲は なんといっても”マイ・スウィート・ロード” アメリカで4週間、母国イギリスで5週間ナンバーワンという。 もはやジョージの代名詞的な存在なんですが、 それから数年後に発表されたシングル曲で …

歌はそこそこ・・・しかしその美貌が圧倒的なソフトロック名盤 by ペギー・リプトン

ペギー・リプトン (1946-2019) 好みというものは それぞれでございますが この人は美しいですね、客観的に。 まさに絵に描いたような。 www.youtube.com テレビ番組の長寿人気シリーズや モデルとしても人気がありましたが クインシー・ジョーン…

HOTEL CALIFORNIA が満室だったら、こちらにチェックインしよう~イーグルスの ”呪われた夜”

イーグルスの ”ホテル・カリフォルニア” って、おそらく史上もっとも有名なロックナンバーでしょうね。 発表されてから40数年経過してますけど これからも廃れることはないでしょう。 バンコクのライブハウスやパブでも よく聴きますよ。 当時(1977年…

グループA対グループB 全く異なる演奏が収められたマイルスの "SEVEN STEPS TO HEAVEN"

御大マイルス・デイビスの1963年作 "SEVEN STEPS TO HEAVEN" のっけからなんですが、こちら マイルスの代表作として取り上げられることは まず御座いません、ハイ。 しかし、しかーし このアルバムはなかなか奥が深いというか 色々な聴き方が可能な 一粒…

制作陣が超豪華~ケニー・ロギンスの初ソロ作品 ”セレブレイト・ミー・ホーム”

70年代初めに フォーク・デュオのロギンス&メッシーナとして 活動したケニー・ロギンスのファーストソロ。 当時(1977年)、LP(アナログ盤)を買ったのですが 私、別にロギンス&メッシーナのファンではなかったんです。 ではなぜ買ったかというと …

忘れ去られているけど・・・ベッカ・ブラムレット時代のフリートウッド・マック

バンドのカラーって、あると思うんですよ。 音楽スタイルとか各メンバーのルーツというか 音楽の出自みたいな。 フリートウッド・マックはその意味では 私にとっては謎の存在でしたね。 イマイチ魅力が分からなかったんですよ。 Go Your Own Way www.youtube…

有効なワクチンは将来にわたって無し~”スマイル依存症”

いや、もう、だから スマイル。 スマイルといったらスマイルでんがな。 まったく訳が分かりませんが。 Wonderful www.youtube.com ビ一チボーイズのというより 狂気の天才、ブライアン・ウィルソンの未完の音楽絵巻。 これはもうね、ロックという括りでは語…

”歯切れの悪いイカの刺身”?~ブルーアイドソウルの第一人者、マイケル・マクドナルド

昨日の DOOBIE BROTHERS ネタ絡みで。 大ヒットになったアルバム ”MINUTE BY MINUTE” が出た頃ですから 1978年ですかね、 音楽雑誌を読んでいたら マイケル・マクドナルドのボーカルについて ”歯切れの悪いイカの刺身のような~” という一節があって、思…

二番手の、あなたが居たからバンドが続いた~DOOBIEのパット・シモンズを讃える

ドゥービー・ブラザーズといえば 70年代アメリカンロックの代表的グループのひとつ。 全盛期を過ぎた後もツアーを行ったり アルバムを出していますので そのキャリアは半世紀にもなります。 このバンドは当初は カントリーを基調とした 男っぽい ”田舎ロッ…

魂の一撃 その歌声がハートに突き刺さる、ローラ・ニーロの NEW YORK TENDABERRY

女性ボーカルを聴く時って まあ、その歌声に包まれたい リラックスしてムードに酔いしれたい という面があると思います。 このアルバムにはそういう要素は 全くありません。 逆にあまりに研ぎ澄まされた音世界が 展開されるので、およそ寛げません。 勿論、B…

70年代ソウルミュージックの愛聴盤2枚~リードボーカルの饗宴が素敵だ

ソウル、という言葉から連想するのは通常 モータウン(デトロイトがベース、60年代が全盛期)サウンド、 あるいは70年代~80年代以降ですと マイケル・ジャクソンとかホイットニー・ヒューストン、プリンス などでしょうかね、 ある程度の年齢の音楽フ…

LET ME BE THE ONE WHEN YOU NEED SOMEONE

Some sleepless nightIf you should find yourself aloneLet me be the one you run toLet me be the one you come to When you need someone to turn toLet me be the one 孤独に襲われ 寝つけない夜には 僕のそばに居るといい 頼れる誰かを探しているのな…

1枚のアルバムでAORの歴史に名を刻む~ルパート・ホームズ

この人は自身の作品もかなり残していますけど それよりもプロデューサー、アレンジャー、コンポーザー としての活躍が目立っていましたね。 例外が1979年発表の ”パートナーズ・イン・クライム” アルバムからカットされたシングル曲が続けて大ヒット。 …

阿川泰子~クインシー・ジョーンズ~イヴァン・リンス "VELAS"三景

阿川泰子 この人は1980年代、世の男性に絶大な人気がありまして。 女優さんからジャズ・シンガーに転向したのですが その美貌と甘い歌声で 普段ジャズを聴かない人にも知名度抜群。 テレビのトーク番組にも出演していましたね。 www.youtube.com アルバ…

フリーでアヴァンギャルドなJAZZはお好き?

フリー・ジャズと呼ばれる 音楽のジャンルがありまして。 その定義とかはさておいて 私も一時期そこそこ聴いておりました。 非常に簡単に言ってしまうと ”一度あるいは何回か耳にしても鼻歌で再現できない音楽” ロックでいえばプログレにあたるかなと。 代表…

現実世界を離れて、水の中でプカプカ・・・音楽による白日夢への招待状

今日は、心弾まないことが多すぎる日常から トリップして、雑音が聞こえてこない 夢の世界へ遊ぶことにしましょう、 音楽の力で。 Eliane Elias & Randy Brecker Para Nada www.youtube.com 1985年の Eliane のファーストアルバムから。 レンタルレコー…

セダカとアンカ 70年代の成熟した楽曲が素晴らしい

ニール・セダカ ポール・アンカ 50年代後半から60年代前半にかけて 実に多くのヒットを放った二人も ビートルズやストーンズの登場~ いわゆるブリティッシュ・インヴェイジョンとともに 急速に人気を失って、ヒット曲がまったく出なくなります。 しかし…

偉大なる兄の陰で~デニス&カール・ウィルソンの素晴らしき歌声

ビートルズにはジョンとポール ストーンズにはミックとキース ザ・フーにはピートとキース といった具合に ロックグループには目立つ二人が居ることが多いですよね。 それがまた魅力に通じているし。 その意味ではザ・ビーチ・ボーイズは 全く違っていて ブ…

その見た目とは裏腹な、エルトン・ジョンの地味目な佳曲集

エルトン・ジョンといえば すぐ思い浮かぶのが 全盛期の超ド派手なステージ衣装の数々。 アルバムジャケットやプロモビデオでも ぎらぎらテイスト満載でしたね。 今回は真逆の目立たないナンバーを幾つか。 エルトンはある時期まで非常に多作でしたので アル…

若き日のブライアンに生き写し! ポール・ダノが熱演の ”ラブ アンド マーシー”

今から5年前かな、 バンコクのシネコンに観に行きました。 ブライアン・ウィルソンの伝記映画 "LOVE AND MERCY" (監督 ビル・ポーラッド) おそらくお客さん、少ないだろうな それは分かっていたんですが 3人だけ、でしたよ。 自分を入れて。 ブライアン、…

なんだかんだで結局は・・・ALL I NEED IS MUSIC

誰にでも ”こだわり” ってあると思うんですよ。 車とか時計とかファッション 食事や生活習慣 ポリシー、思想 形あるものからそうでないものまで 色々あると思いますが。 自分はどうかな、と考えてみると ある意味 ”無い” かなと。 なんというか他人様に言う…

LITTLE CHILDREN, MARCHING ALONG !

On a Monday mornin' you see 'em all there(Little children they're marching along)On a sunny mountain without any cares(Little children they're marching along) 月曜の朝はみんな勢ぞろい (子供たちの行進だよ) 天気の良い日の山登りは最高だね …