バンコクマインド

タイの過去現在未来と音楽映画書籍の旅

タイ

選挙だ、ワッショイ

今度の日曜日は バンコク都知事選が行われる日なんですね。 タイではですね、選挙ポスターのサイズがデカいんですよ。 なんか回廊みたいになってますねえ。 気をつけて歩かないと ホント、どーんとぶつかっちゃいますよ。 大通りは勿論 路地裏にも貼ってあり…

おいらは魂消た、静まり返ったMBK~マーブンクロンセンター

実に久しぶりに来ましたよ、 バンコク市内中心部の老舗商業施設 MBK~マーブンクロンセンター 年季の入ったタイ旅行者の方なら コロナ前によく行かれた人も多いのでは? 秋葉原の電脳街に日暮里の繊維街、それに浅草橋や 馬喰町の衣料問屋を詰め込んだような…

当たり! これは旨いね、部屋食トムヤム

”美味しい店を見つけたので、何品か買ったわ。一緒に食べましょう” ということで、タイ人の知人ご来訪&室内ランチ。 まずはお馴染みのトムヤムスープ (~クンと付くのが海老入り。こちらは海老以外にイカや鶏肉なども入った、トムヤムルワムミッという料理…

あなたの拘り わたしの無関心

何かしら、入れ込んでる(惚れ込んでる)「もの」って ありますよね。 人それぞれ。 男の場合 車、バイク、時計、シューズ(スニーカー) とかって、よく聞きますよね。 お恥ずかしい話ですが 私、生まれてこの方 こういう世界に100% 興味なし。 要は「…

よろしく哀愁・・・ワクチン接種会場に人影まばら

去年、コロナのワクチンが登場した際には そりゃーもう えらい騒ぎでしたよね。 なんか救世主みたく、崇め奉られてましたから。 予約を取るのも無茶苦茶大変 キャンセル待ちにかける、とかね。 ワクチンツアーなるものもありました。 そのために外国にまで行…

室内面積が200平米超! 森のなかに佇むタイのシニアレジデンス訪問記②

昨日の続きということで。 バンコク郊外の巨大レジデンス内の シニア層向けのユニットを見ていきましょう。 外観はこんな感じ、5階建ての低層×2棟で トータル40室。(現在建設中なので以下の画像はショールーム仕様です) このユニットは約203平米、…

敷地面積が64ヘクタール! 森のなかに佇むタイのシニアレジデンス訪問記①

おー、象さんが。 しかも巨大な。 リアルだなあ。 生きてるかと思いましたよ、ホントに。 こちらは自然公園とか動物園などでなく 現在工事中の総合レジデンス施設。 (マンション、ホテル、ショッピングモール、病院などが揃っている ”オールインワン” とで…

踊ろよと言われても、フィッシュ

海の生き物の話なんですけどね、 人間の食する。 海老とイカ この2つはですね、非常によく登場しますね。 日本に居た頃よりも確実に高頻度です。 (海老は残しちゃう時ありますね、炒め物やスープに入ってると。飽きてしまって) 貝類も割に出てくるほうか…

ベランダ ご近所 花づくし

ベランダの鉢植え、たま~の水遣り以外 完全放置なんですけれど いつも綺麗に咲いてくれています。 そうだ、ご近所(路上になにげにある)の花を見てみよう。 どんなのがあるかな? 知識がないものですから個々の名前についてはご勘弁を。 見るだけの花尽く…

辛さに対する耐性は、果たして後天的に形成されるのか?

まあ、タイ料理は確かに辛いものが多い。 でね、いつからスパイシーな味付けを好むようになったのかと? 自分の場合。 それは成人してからですね、子供の時からずっとということはない。 振りかける一味や七味、タバスコの量が少しづつ増えていく。 気付くと…

ANOTHER LOCAL DAY

バンコクの中心部にある 煌びやかでお洒落なデパートやモールには とんと縁のない私。 数年前、近所に大型スーパーが開店したので 日用品の買い物はそこで済ますようになったのですが、 今日は以前によく行っていた隣県の 下町情緒100%の買い物エリアに…

お酒はね、飲んでもダメ! 見るだけでもダメ!

先日 出先でなにげにテレビを見ていましたら 古いタイ映画が。 80年代の制作かな? で、出てくるんですよ。 酒を飲むシーンが。 (異常なほどの頻度。多分スポンサーさんだったんでしょうね) 見事にボカシが入っているのですね。 (タバコやナイフなど、…

あるタイ人大家さんの歎き

朝、まだ早い時間に電話。 タイの知人からですが どうしたのかな? それほど連絡をいつも取っている間柄ではないのですが。 開口一番 かなり興奮している口ぶりです。 こういう時は聞き手に徹するのが良策。 話を伺ってみると・・・ このお方、 ご自分が所有…

いつものやつね・・・全然、中身が違うやないかい!

日本の飲食店って もの凄くキッチリしてますよね。 同じメニューを頼んだら同じものが出てくるでしょう? 昨日と同じ 隣の人と同じ 材料も同じ 量も同じ ちょっとの違いも無いですよね お客側も敏感。 それこそクレームに直結してしまう。 同じ店でも調理す…

バンコクのミシュラン掲載店、凄腕シェフの創作料理を堪能する

先日、お誘いがあったので お昼の会食に。 マンダリンオリエンタルの元料理長 (ヴィチット・ムクラ氏/現在はバンコク市内で ”カオ” というレストランを経営、ミシュラン誌から一つ星の評価を与えられています) が手掛ける逸品を頂きました。 メニューはこ…

外国人には慣れてます、だってどこにでも居るもの・・・

何度旅行に行っても ある程度その地に住んでいたとしても 所詮、外国人は異邦人~エイリアンなわけです。 その国、その場所で暮らしている地元の人からしたら。 まあ、それはある種 当然なわけですよね。 出来れば 優しく受け入れて欲しい。 あんまり区別と…

やあ!また会えたね、パーティション君 別に嬉しくはないけどさ

もう、なに株だか変種だか 覚えきれなくなっていますが 相変わらずのコロナチーム、幾つかの国では 依然猛威をふるっているようですね。 タイでも高止まりの数字が続いていて 重傷者や亡くなる方の人数が再び 増加傾向です。 フードコート、 またまた仕切り…

世界のご当地駅伝、なんてどう?

昨日は、女子の中~長距離陸上が面白くて~ ということを呟いたのですが 日本では駅伝って非常にポピュラーですよね。 知り合いで、 「箱根駅伝を見ないと、年が明けた気がしない」 という人が居ますよ。 でも駅伝って、オリンピックの種目になってましたっ…

久しぶりのオンヌット下車&フードコートで食す

スカイトレインのオンヌット駅。 以前はここが始発/終点ポイントで ”郊外カラー”が色濃かったエリアなんですが 今や駅ビル、ホテル、マンション等がずらりと 軒を連ねています。 私にとっては通過駅なんですが、 この日は途中下車して 日用品を買いに駅直結…

すっかり人のいないスカイウォーク

バンコクと近郊県には スカイトレインという名称の都市電車網があるんですね。 路線がどんどん拡充していて、駅数も随分と増えてきました。 で、線路の下にですね ”スカイウォーク”という歩行者専用の通路も建設してるんです。 まずは電車の軌道を造って・・…

喧嘩はやめてね タイ料理 V S日本料理

おっと~ 始まりましたがな 戦争勃発でっせ。 いや、コロナ禍前の話なんですけどね。 知り合いの方々がご来タイ。 皆さん、旦那さんや奥さん パートナーもご一緒に。 タイの休日 よろしゅうおますな。 で、食事時になりますわな。 ここからがえらいことでっ…

食に対する両極の思いに、カンドー&カンシン

「食」への関心ある方、多いと思うんですよ。 日本もタイも料理、美味しいですしね。 メニューも多彩だし。 今日は、今でも印象に残っている お二人の話を。 もう三十年以上前なんですけどね、 職場の同僚の二十代の女性。 この人の食への情熱が熱かったんで…

ねえ、ちょっと。もう少し映画の余韻を楽しみましょうよ・・・

えー、映画が終わるとですね エンドクレジットがありますよね。 出演者やスタッフの名前が流れますけど この部分でメイキング映像やアウトテイクシーン が映し出されることもあります。 なのでね、まあ そういうのを観てからでもいいと思うんですが タイの人…

人間はやがて植物に駆逐されるのだろうね

バンコクなのに山ン中、 とタイの友人からよく言われる マンションの前の小径。 まあ、人影が薄いのは確かであります。 お向かいさんですが、これ数年したら 巨大になっていくんだろうなあ。 鳥とかリスは居るんですけどね。 あと”路上で飼われている犬”も。…

ここにも見えない敵が・・・ウイルスの次は汚れた微粒子

タイランド 真っ赤っ赤でございます。 PM2.5~微小粒子状物質の数値ですね。 (単位/マイクログラム µg/m³) 明らかに健康に影響が出るレベル。 日にもよりますが、 毎年、12月から3月にかけては危険なシーズンです。 南タイ(マレーシアに近いエリア)…

コンプレックス大全~③超他人行儀

好きではありませんが 人前で話せ、と言われたら まあ出来ないことはないです。 数百人くらいまでなら、そんなに準備とかしなくても。 (あっ、もちろん内容によりますが) MC的なこともやれと言われれば、まわしますよ。 適当にその場。 (カラオケラウンジ…

コンプレックス大全~②超不器用

よく言われるんですね、女性から。 ”ちょっと、私の手より華奢ってどういうこと?” って。 あと、「柔らかい」らしいんですね。感触が。 「あなたのことは嫌いだけど、あなたの手が好きよ」 という女の人が居ましたよ、昔。 勤め先でも言われましたね、 「人…

コンプレックス大全~①超スロー

まあ、およそ誰でも なにがしかのコンプレックスを自分に抱いているのではないかと。 (まったく無い!という人も居るかもですが) ”もうちょい背が高ければ” ”もっと美人だったなら” といった見た目的なものや ”あー、なんて頭が悪いんだろうか” といったベ…

LONG DISTANCE, LONG COVID

定期的によく会う~ という間柄ではないのですが 先日、タイの知人と会話していまして 「あー、どうも。しばらく振りのような気がしますけれども」 「いや実はですね、コロナになりまして・・・」 ということで、事情を色々と聞かせてくれました。 ある日、…

ルンピ二公園の催し物で、タイ国内旅行気分を味わう

先週末から今週頭にかけて、 バンコク市内のルンピ二公園で THE THAILAND TOURISM FESTIVAL 2022 というイベントが行われていました。 タイ各地の名産品を揃えたブースが並ぶ かなり規模の大きい企画です。 イートインのコーナーや 民族舞踊などのショーが観…