バンコクマインド

タイの過去現在未来と音楽映画書籍の旅

日本

昭和の夕餉

またまた古本屋で目に留まったものですが 雑誌アサヒグラフに長く連載されていた 芸能人や文化人の夕食拝見といった企画を抜粋したものです。 1974年ですので、悠木千帆 です。 素敵な器、使われてますね。 篠田監督は豆腐がお好きなようです。 頁をめく…

部屋から15秒で素敵なカウンターバー

数日前にバンコクの屋台スタンド飲み屋のことを 書きましたが、こちらは日本のお話。 東京に居た頃、何回か引っ越しをしたんですが マンションの隣の1階がカウンターバーで 完全に入り浸っていた時があります。 一見、スナックのような外観ですが ・カラオ…

東京空想旅行

どういうわけだか、バンコクに居るのに 東京のグルメ本とかガイドブック読むの好きなんですね。 行きたい店があったとしても行けないのに。 なんか、お馬鹿ですね~ 私は日本では東京に居た時が一番長いんですが、 それでも本をパラパラめくってみると 行っ…

里帰り美食の日々

タイと日本って、食事情の良さでは 本当に恵まれてると思うんですね。 その国で生まれて、過ごしているんですから なんと有難いことか。 で、今回は日本編 実家が神奈川なもんですから、そのエリアになってしまいますが さか間という秦野市のおそば屋さん、…