バンコクマインド

タイの過去現在未来と音楽映画書籍の旅

日本

地獄で仏とはこのことか~日本の運転免許証更新

日本の運転免許証、国外に居る場合は 更新のためにどうしても帰国の必要があります。 まあ、話を聞いてるうちに終わりますので それ自体は別に苦痛とかではありません。 前回の更新の際、もうタイに戻る前日ですね 指定の場所に向かおうとして 電車の駅に行…

封印? 昭和~平成のテレビ・映画・音楽遺産

私が子供の頃は 日本の映画やテレビ番組に 勢いがあった時代でした。 映画は気軽に観に行くことは難しかったですけど テレビ番組には夢中になったものです。 円谷プロの一連の怪獣・怪奇もの 森田健作、村野武範、中村雅俊の 男だ!、青春、俺たちの~ の作…

”レコード・コレクターズ”の日々 in Tokyo

今、手許にあるのはこれだけか・・・ 最近はどうかよく知らないのですが、以前は音楽雑誌って 色々出てましてね、 ジャンル別(ロック・ソウル・ジャズ・ラテン~) にそれぞれ何種類かあったり、 ミュージシャン指向のものもありました。 楽器を弾くわけで…

やっかいな?同居人  母親と旦那のケース

ちょっと(かなり)癖のある演技で 独特の存在感があった女優の小川真由美 第2の松田優作ともいわれた長身の男優 古尾谷雅人 youtu.be youtu.be 画像の本は娘さんが描いたお母さん~小川真由美 奥さんが綴った旦那さん~古尾谷雅人 との壮絶なる「家庭地獄…

バスとモーターサイがあれば何処でも行けちゃうのさ

バンコクの一番発達している交通網は バスです。電車ではなくて。 実に多くの路線があって、乗りこなすには 外国人にはちょっと 敷居が高いかもですね。 エアコン無しのタイプですと約10バーツで均一料金 始発から終点のポイントまで長距離乗っても割安で…

日本のTV これはいらない

こちらは2016年に亡くなった 大橋巨泉の著作で、”遺書のつもりで書いている”とまえがきに書かれています。 これからの日本はもっと悪くなっていく そうならないために今「やめたら」よいことが、 様々な観点から論じられています。 その中に”テレビのや…

超勘違い 昭和アイドル歌謡~石野真子&早見優

私は子供~学生の頃 日本のフォーク/ロック、洋楽(ソウル・ジャズ・・・)が好きだったので 当時全盛だったアイドル歌謡曲、ほぼ知らないんです。 でもレンタルレコードショップで長く バイトしていたことがあって、顔と名前はまあ一致するんですね。 しか…

懐かしの昭和~平成 マイ食べログ IN JAPAN そのニ

というわけで日本に居た頃によく行っていた お店の今を追ってみます。 *上の画像は 多奈加(うどん 秦野) https://tabelog.com/kanagawa/A1408/A140804/14006744/ ☆ハティ(インド料理 成増) 私、カレー好きなんで カレーの街としても知られる神保町の有…

懐かしの昭和~平成 マイ食べログ IN JAPAN その一

バンコクの古本屋で入手した本をパラパラと見ていたら 神奈川県での学生時代や東京で暮らしていた頃の (外)食生活をふと思い出しました。 よく通い詰めたあの店、この店は果たして今も健在でしょうか・・・ ☆カレーショップ シュクリア(藤沢) スタンドカ…

なぜか葛飾柴又、矢切の渡し

これはいつのことだろうか、葛飾柴又 矢切の渡し・・・ 珍しく妹が同行していますが、なんの用事だったのか。 お団子屋さんも行ってますね・・ なにかの”寅さん”関係? それはそうと寅さん~渥美清については様々な著作が出ていますね。 なかでも出色は小林…

タイの亡者VS日本のドラゴン どちらが迫力?

あー、これはタイ各地にある地獄寺というんですか、 割とよくあるパターンです。 行かれた方も多いかもですね。 あんまり、怖くはないですね。 さてこちらは日本のどこか (毎度大雑把でごめんなさい、秩父あたりだったかな) でのとあるお祭り風景。 旅行中…

姪っ子 甥っ子 そして妹

私は妹が一人居るのですが 歳もちょっと離れていて、二人とも割と早く実家を離れましたので 一緒に暮らしていた時期はそれほど長くありません。 それぞれ海外に居た(私は今もですが)こともあり、 成人後もほとんど会う機会がありません。 小さな子供が二人…

正味の話、浪速への憧憬

私は神奈川生まれで東京で暮らした時期が長く、そういう意味では ベタベタな関東人です。 両親も関東圏の出身で親戚も同じく。 なので、”関東弁”(まあ、場所によって違いはもちろんあるのですが)しか 話せないし、それ以外のエリアの友人もまず居ませんで…

お笑い~MYアルバイト履歴てんやわんや

若い頃には色々とバイトをしたものです。 家庭教師なんてのはまあ、まともというか普通なんですが こんなのもやりましたねえ・・・ パン工場 パンそのものじゃなくて、パンを配送する時に使うケース その洗浄部門だったですね。 もうこれ大変、積み上げたケ…

買っては捨て、買っては捨てて半世紀・・・

私はコレクター~収集マニアではないので 収納いっぱいになったら、あるいは引っ越しの際に かなりの部分、処分していまいます。 本やレコード・CDの類。 上の画像は東京に居た頃の室内ですが、 これ以外にも、押入れにはVHSビデオ、カセットテープなど…

日本の人、なのですけれど

タイには多くの日本人が住んでいて 県人会、高校や大学の同窓会、各種サークルなどが多数あるようです。 で、私はそれらの集まりには全く参加していません。 というか日本人と話すことは、”稀”といっていいくらいです。 その理由は以下のものに全く興味が無…

自死

高校生の時、いつものように 深夜まで音楽を聴いたり本を読んでいたりで寝不足、 遅刻して教室に入りました。 クラスのみんながしんとしています。 「〇〇君が亡くなったんだ。自殺らしい」 社会人時代、同じ会社に勤めていた女性が 勤務時間中に居なくなり…

一人ぼっちのマントラ

20代の初めの頃ですかね、食事会で知り合った女性を コンサートに誘ったのです。 確か看護婦(看護師)さんでした。 マンハッタン・トランスファー 当時日本で人気あったんですよ。 女性と一緒に行くのにも良いチョイスでしょ。 で当日、来なかったんです、…

昭和の夕餉

またまた古本屋で目に留まったものですが 雑誌アサヒグラフに長く連載されていた 芸能人や文化人の夕食拝見といった企画を抜粋したものです。 1974年ですので、悠木千帆 です。 素敵な器、使われてますね。 篠田監督は豆腐がお好きなようです。 頁をめく…

部屋から15秒で素敵なカウンターバー

数日前にバンコクの屋台スタンド飲み屋のことを 書きましたが、こちらは日本のお話。 東京に居た頃、何回か引っ越しをしたんですが マンションの隣の1階がカウンターバーで 完全に入り浸っていた時があります。 一見、スナックのような外観ですが ・カラオ…

東京空想旅行

どういうわけだか、バンコクに居るのに 東京のグルメ本とかガイドブック読むの好きなんですね。 行きたい店があったとしても行けないのに。 なんか、お馬鹿ですね~ 私は日本では東京に居た時が一番長いんですが、 それでも本をパラパラめくってみると 行っ…

里帰り美食の日々

タイと日本って、食事情の良さでは 本当に恵まれてると思うんですね。 その国で生まれて、過ごしているんですから なんと有難いことか。 で、今回は日本編 実家が神奈川なもんですから、そのエリアになってしまいますが さか間という秦野市のおそば屋さん、…