バンコクマインド

タイの過去現在未来と音楽映画書籍の旅

アジア

スーパーで見かけたベトナムはダナンのコーヒー、味も濃いが動画も渋い仕上がり

スーパーをぶらついていたら 飲料コーナーに大々的に陳列されている商品がありました。 ベトナム産のコーヒー豆(250グラム)のようです。 プロモーション価格でかなりお得になっているし パッケージのデザインも悪くないので 2種、買ってみました。 あ…

”世界で唯一の、私の場所” って何処だろう?

パラパラと古い雑誌をめくっていました。 ”旅行人” というタイトルです。 発行人はトラベルライターとして有名な方で 多くの単行本も書かれています。 20~30代の頃、 私もよく読んでいました。 池袋のジュンク堂や神保町のアジア文庫で買い求めて、 次…

ラングーン~パガン~マンダレー 35年前のビルマ旅行

バックパック旅行をしていた頃、 1986年だったかな ビルマ(表記が今と違いますが、このほうが馴染みがあるので) を旅しました。 当時はいわゆる ”ビルマ式社会主義” の時代 入国前に査証取得、また宿泊旅程表の提出などの作業がありました。 目的地に…

フィリピン・ブルー 海の色も人の心もダーク

昨日に続いてフィリピンのトピックを。 若い頃、フィリピン それも海岸のコテージに泊まるのが好きでした。 高級リゾートのそれではないですよ。 1泊数百円の簡素な造りの宿。 日がな一日、海を眺めていたものです。 この国の海は 色味が濃くて、吸い込まれ…

アジア有数のフィエスタ、35年前の ”シヌログ~SINULOG” 風景

フィリピン第二の都市セブでは 毎年1月から2月にかけて ”シヌログ~SINULOG" というフェスティバルが開催されます。 フィリピンでも、 というよりアジア全域でも 相当に大規模なお祭りで 期間中には国内外から多数の観光客が詰めかけます。 見ものは市中を…

ビーチリゾート禁断症状に効くかも、の洋楽 ”海岸ナンバー”集

海外旅行が実質不可能になってから もう随分経ちますね。 なかでもビーチリゾート大好きな方のなかには かなりの禁断症状が出始めている向きもあるのでは? 今日は、海やプールが登場する 洋楽ナンバーのクリップを見て 少しでも憂さをはらすことにしましょ…

カンボジアにて~遺跡の町のファミリー スナップ ショット

世界的にも有名な カンボジアのアンコール遺跡。 確かにそのスケールの大きさには圧倒されます。 日帰りや1泊程度では とても周りきれません。 泊まっていた宿のスタッフさんから ”僕の家に遊びに来ないか、家族を紹介したいんだ” と。 彼の仕事が終わった…

一人の記憶、二人の思い出~旅についての小さなリフレイン

国内でも海外でも 個人旅行の場合、 一人か道連れが居るのかで その旅のスタイルや印象は 随分と違ったものになると思うんですね。 相棒と一緒の時は まあ、どちらかがリーダーシップを取ることになります。 特に海外の場合は。 で、もう一人は自然とその人…

DANCING DAYS IN CEBU CITY,PHILIPPINES 1986-87

30数年前の12月も末、 フィリピンはセブ市に滞在していました。 こちらは市内のダンス教室のクリスマス・パーティーの様子。 オーディションではないので リラックスして楽しんでいます。 家族や恋人を連れてくるメンバーも。 毎年1月にはシノログとい…

フィリピンのロードムービー "COLORUM"(2009年)

映画にはロードムービーと呼ばれる 一大ジャンルがありますね。 ”道” ”真夜中のカウボーイ” ”スケアクロウ” ”ハリーとトント” ”ストレンジャー・ザン・パラダイス” 等々、挙げるとキリがありません。 で、こちらは映画大国フィリピンの ロードムービーです。…

PARTY IS OVER... AND THEN CLOSE THE DOOR

今回のコロナ騒動でもっともダメージを受けたビジネスのひとつが ”接客を伴う飲食業”、でしょうね。 何しろ、距離が近いことを売りにしていたわけですから。 SOCIAL DISTANCING という概念とは対極の位置にあるサービス形態。 食ということに限ればテイクア…

ゲストハウス→ホテル→サービスアパート 旅のスタイル変化による宿の変遷

昨日の続きということで。 学生時代、パッカーの頃は当然安宿に泊まることになります。 ゲストハウス、という呼称が多かったように思いますね。 で、その手の宿が固まってるエリアがあるんですよね、 どこの都市でも。 評判の良いところは大体 長期の滞在者…

ネットが一切無い時代、海外旅行の情報源は何だったのか?

私がバックパッカースタイルの旅をしていた頃 (1980年代) にはインターネット環境や携帯、 SNSのネットワークなどは一切ありませんでした。 では旅をする時にはどうしていたかというと・・・ ガイドブックとしては 日本語なら「地球の歩き方」 英語な…

アンコールの緑と遺跡に誘われて

もう20年ほど前でしょうか、 カンボジアのかの有名なアンコール遺跡を訪れたことがあります。 シュエムリアップに3泊4日、 混載ツアーでなく 専用の車両をチャーターしましたので ゆったりしたペースで自由にあちこちの遺跡群を 見て周ることができまし…

アジアの海のグラデーション

タイには色々なビーチがあって外国人にもポピュラーな 場所、たくさんあります。 これは30年以上前のコサメット(サメット島)ですね。 こちらは25年前のコサムイ(サムイ島)。 不思議なことに国によって、海の色合いというんでしょうか 受ける印象が違…

それは1つ前の世紀のお話

簡単なものなら作るわよ 一人分も二人分も変わらないし 友達? あんまり呼ばないわね 妹なら時々来るけど、遠いとこに居るし 一人暮らしは気兼ねがなくていいわね なるべく自炊にして節約、節約 若い頃はね、痩せてたのよね どう、なかなか、でしょ えっ、今…

この世はすべて LOVE LOVE SHOW

もう30数年前の話ですが・・・ フィリピンはマリンドゥーケという島に行って。 あまりメジャーなところではないですね。 乗り合いフェリーで行ったので、身体も疲れていました。 観光地ではないので、なかなか宿が見つかりません。 で、通りすがりの女性に…

女性の魅力は声~VOICE が決め手?

通常、男性は女性の視覚的なパート スタイルとか顔とか髪型、ファッションセンス といったものに注目すると思うんですね。 (勿論、好みというのはそれぞれでしょうが) まあ、なので見た目は確かに重要なのかなと。 (ちなみに女性はどうなんでしょうね、や…

フィリピンのハートとタイのマインド

旅行の回数でいうと タイとフィリピンが一番多いんですね、私は。 寒さが苦手な自分としてはどちらの国も 過ごしやすいのですが、 移動のしやすさと食事情がよいのがタイ。 フィリピンは英語が通じるのと 数々の美しいビーチ(コテージでボーッとしてるだけ…

続・旅の終わり

~ビルマ(ミャンマー) 「それで、どうやって旅してたんですか?」 先日、二回りほど年下の知人と 旅行について話をしていて、 そう聞かれました。 つまりネットで情報も集められない、航空券や宿の予約も出来ない~ そんな時代によく、個人で海外旅行なん…

続・セブの富裕層 1986

20代の初めの頃、 フィリピンはセブ(ビーチではなくてシティ) のアパートメントにひと月くらい居たことがありました。 マネージャーのご家族がセブでも有数のお金持ち お父さんはお医者さんで(前列左から2番目) 娘さんの一人も当時医学部通ってました…

広州、台湾、香港、マカオ 旅の一言印象記 1980年代~2015年頃

年代バラバラなんですが、ごく簡単にコメントというか 覚えていることを。 広州(大学4年の頃) デカい街でした。歩けども歩けども・・・という感じ。「月餅」 (の小さいヤツ)を食べたかったんですが、ひたすら巨大サイズの ものしか見つけられませんでし…

セブの富裕層 1986

こちらはフィリピンのセブ島に旅行に行った際、 知り合いの家に招かれまして。 クリスマスパーティー フィリピンの人がもっとも楽しみにしている季節ですね。 いやあ、映画に出てくるような 大きな邸宅。 お父さんと息子たち お母さんと娘たち ファミリーリ…

カンボジアの名物コーヒーと日本の銘菓

先日来タイされた日本の知人から頂いたお土産。 カンボジアにも所用で度々行かれている方なのですが 当地名産のコピルアック~ジャコウネコの”ふん”コーヒーです。 生産量が少なく良質なものは 日本では非常にお高いようです。 カンボジアでも、現地の物価水…

ビルマの花嫁 1986

30数年前、ヤンゴンの街を歩いていたら賑やかな音楽が。 で、ふらふら音がするほうに向かうと かなり大きな規模の結婚式の最中で。 「あなたもどうぞ」と招き入れられまして。 当時、バックパッカーですから 小汚い恰好でなんか申し訳なかったんですけど。…

FIESTA ! SINULOG CEBU 1987

こちらはフィリピンのセブで毎年開催される シノログというお祭りのパレード。 かなり大規模な催し物で数日間にわたって開催されます。 雰囲気はそうですねえ、高円寺の阿波踊りとか平塚の七夕祭り のようなものですね。 オスメニアサークルのロビンソンデパ…

フィリピンとアメリカ 2軒の質屋

タイの街角歩いてますと、質屋さん 結構見かけます。 で、質屋が舞台となっている映画を2本。 おなじみチャップリンの THE PAWNSHOP(1916年) もう、チャップリンのテクニックの一大ショーケース。 いつもながらの密度の濃さにただ脱帽です。 www.yout…

ひなびたマレーの海岸で 1990

シンガポールからマレーシアを北上して、半島の 東側に行きました。 海岸に出てみると、いわゆるビーチリゾートということではなく 眠ったような集落がポツリポツリとあるばかりです。 確かクアラトレンガヌの近くだったかな。 人が本当に居ないんですね。 …

タイとフィリピン イカしたバンド

タイの人もフィリピンの人も 音楽大好きですが バンドで良いな~ と思ったのは タイだと GROOVE RIDERS ですね。 ヒット曲も多いし、ビデオクリップもお洒落ですよ。 youtu.be フィリピンだとORANGE AND LEMONS 洋楽ロックが好きな人にも気に入ってもらえそ…

旅の終わり

20代の頃は、よく旅に出ていました。 ロンリー・プラネットや地球の歩き方をバッグに入れて 予定も目的も無い、ただただ さ迷うというか漂うだけの日々です。 でもいつしかその旅の日々をあまり 望まないようになりました。 うまく言えないのですけれど、…