バンコクマインド

タイの過去現在未来と音楽映画書籍の旅

この1曲を忘れない⑤ 10CC ジョージ・マイケル フォー・シーズンズ・・・

f:id:bkkmind:20190510212319j:plain

 

洋楽では3回目ということで。

 

ハニーコーン「THE DAY I FIND MYSELF」(1972年)

女性応援歌というのか、色々あるよね、嫌なことあるけど

私は私、自分を信じて生きていくのよ!

という感じで、良い仕上がりですね。

曲自体もとてもNICEであります。

youtu.be

 

ルパート・ホームズ「OUR NATIONAL PASTIME」(1974年)

AOR時代以前のデビューソロアルバム、名盤「ワイドスクリーン」の

B面トップ曲でした。この人の資質からするとこういう曲調に

良さが出ていると思いますね。アルバムよく聴いたなあ~

ミュージカルの一幕みたいで、こういうのは日本人では出せない感覚ですね。

youtu.be

 

フォー・シーズンズ「DECEMBER 1963(OH WHAT A NIGHT)」(1975年)

これは60年代の頃のメンバーではなくて、70年代に入ってからの

大ヒット、全米ナンバー1でしたね。実にポップな曲調で大好きです。

商業的にはコケてしまいましたが次作の「HELICON」(1977年)

というアルバムも力が入った作品で、愛聴盤でした。

youtu.be

 

10CC「ART FOR ART'S SAKE」(1976年)

このグループには「I'M NOT IN LOVE」という特大ヒットがありますが

この曲などバンドの特徴が良く出ているような。

アルバムの「HOW DARE YOU」もジャケ写含めて

最高です。

youtu.be

 

 バルビ・ベントン「THINKING OF YOU」(1976年)

この人はモデル・女優がどちらかというと本職だと思いますが、

同年発表の「SOMETHING NEW」は冴えたプロデュース&アレンジ&演奏で

聴きごたえのあるアルバムに仕上がっています。

ヒュー・ヘフナーがオーナーのプレイボーイレコードでしたから

予算潤沢だったんでしょうね、ジャケットも良かったので

処分しなければよかったなあ~

youtu.be

 

ジョージ・マイケルメアリー・J・ブライジ「AS」(1999年)

勿論スティービーの作品ですが、これはカバーの最良の例では?

著名アーティスト、有名曲のカバーって難しい面あると思いますが

さすが、ジョージ・マイケルであります。

巨大な才能の持ち主だっただけに残念ですね・・・

ビデオクリップも高クオリティ。

youtu.be