バンコクマインド

タイの過去現在未来と音楽映画書籍の旅

エ、エギレスやね~ 侘び寂びのUKロックアーティスト

 

私はイギリスには一回だけ

しかも数日間しか行ったことがありません。

でも音楽(ロック)を聴いていて

USAとUKの違い、というのは

なんとなく感じますね。

 

いかにもいかにもブリティッシュな香りが濃厚な

アーティストを渋めのラインアップにしてみると・・・

 

Steve Marriott (Small Faces)       Itchykoo Park

www.youtube.com

 

67年のヒット曲ですけど

ティーヴ・マリオットって

この時代の最良のボーカリストですよね。

もっと有名なグループのもっと有名な人が

何人も居ますけども、この人が横綱だと思うなあ。

 

Frankie Miller      Darlin

www.youtube.com

 

フランキー・ミラー

スコットランド出身の人ですが

本国でもアメリカでも商業的には成功しませんでしたね。

(大ヒットはこの曲だけ)

ロバート・パーマーとタイプが似てますけど

その意味では対照的ですねえ、ルックスの問題なのか

パーマーのほうが間口が広かったのかな。

 

Chris Rainbow    Give Me What I Cry For

www.youtube.com

 

クリス・レインボウ

この人は才人ですよ、素晴らしい才能。

70年代に3枚、アルバムを発表していますが

(まったくヒットせず)

10CC、ポール・マッカートニーエルトン・ジョン

好きな人なら必聴の傑作です。

 

Mick Hucknall (Simply Red)   So Not Over You

www.youtube.com

 

シンプリー・レッドはメジャーですね。

面白いのはアメリカでも人気が出た時期ありましたけど

短いんですね、その期間が。

後期の作品はアルバムもシングルもまったく売れなくなります。

でも本国イギリスでは一貫して高い人気を保っています。

こういうブリティッシュのアーティストは多いですね。

(逆ケース~米国ミュージシャンがUKで、より受けることもありますが)

 

William Lyall      Supertrader

www.youtube.com

 

この人も完全無視されてましたね・・・

ボーカリストとしては弱いですけど

コンポーザーとしてはもっと評価されるべきですよ。

僅か36歳で亡くなりましたけど

長生きしていれば舞台とか映画音楽の分野で

実力を発揮できたと思うんですよね。

 

他にもいくらでも名前が挙がりますけれども

それはマニアの皆さまにお任せすることにいたしましょう・・・

 

Ronnie Lane & Slim Chance   The Poacher

www.youtube.com