バンコクマインド

タイの過去現在未来と音楽映画書籍の旅

派手なあの人の、思いきり地味なアルバム "ピーチ・ツリー・ロード”

全盛期のエルトン・ジョン

テンションマックス

見た目もギンギンでしたねえ。

 

f:id:bkkmind:20210802164748j:plain

 

歳を重ねていくにつれ

落ち着きを増していきましたけれど

それでも各アルバム、

豪華なゲストを迎えたり

シングルカット用の売れ筋曲が入っていたりと、

なにかしら話題性はあったんですね。

 

f:id:bkkmind:20210802165109j:plain



ところが2004年発表の

”ピーチ・ツリー・ロード”

これが非常に地味。

エルトンのアルバムは1970年代中頃以降は

大体、発売と同時に聴いてましたけど

目立たない、という点ではピカイチの作品ですね。

(変な言い方ですが)

 

Porch Swing In Tupelo

www.youtube.com

 

まず収録曲のほとんど全てがバラード曲。

それもロマンティックなラブソングではなくて

もっとビターテイストな重厚なナンバーばかり。

 

オルガンやペダルスティールが強調されていて

カントリー、ブルース色が強いですね。

ゴスペルのコーラス隊がフィーチャーされているのも

目を惹きます。

 

Answer In The Sky

www.youtube.com

 

アルバムジャケットにエルトンやバンドメンバーは

一切登場しませんし、

 

f:id:bkkmind:20210802170339j:plain


ブックレットに使用されているフォトも人間は誰一人

写っていないものばかり。

 

ゴキゲンなエルトン節を期待していると

正直飽きてしまう構成&サウンドなのですが

クレジットを注意深く見てみると

 

f:id:bkkmind:20210802170613j:plain

 

こんな表記が。

 

実はこのアルバム発表の2年前、

70年代の代表的な作品すべてをプロデュースしていた

ガス・ダッジョンが、同乗していた奥さんとともに

交通事故死するという痛ましい事件があったのですね。

 

アルバム全体のトーンが

他のエルトンの作品とは随分と異なっているのも

頷けるような気がします。

 

エルトンの代表作ではないし

ヒット曲も入っていませんし

有名なゲストも参加していませんが

 

一人でじっくりと耳を傾けたいときには

数ある彼の作品でも

一二を争う良作だと思うのであります。

 

All That I'm Allowed

www.youtube.com