バンコクマインド

タイの過去現在未来と音楽映画書籍の旅

”A SONG FOR YOU” や ”SUPERSTAR” で知られるレオン・ラッセルの新婚スイートな2枚

f:id:bkkmind:20210803112856j:plain

 

多分、洋楽を聴かない人でも

”スーパースター”

ア・ソング・フォー・ユー

といった作品は耳にしたことがあるのでは?

 

カーペンターズが取り上げたことで

スタンダードといってもいいくらい

認知度が高くなりましたから。

 

作った人はレオン・ラッセルという人で

他にも ”マスカレード” ”レディー・ブルー” ”タイトロープ”

などがよく知られていますね。

 

レオンは60年代からスタジオミュージシャンとして

活動していて、フィル・スペクターベンチャーズ

レコーディングにも参加しています。

 

後にソロ活動もスタートさせて、70年代前半には

怒涛の勢いだったんですよ。

交友関係も広くて、ボブ・ディランやビートルのメンバーと

同じステージに立っても

引けを取らない独特の存在感がありましたね。

声も顔もドスが効いてますし。

 

Tight Rope

www.youtube.com

 

さて、そのレオン

70年代半ばにメアリー・マクリアリー

という人と結婚したんですね。

(メアリーはスライ・ストーンのバックアップボーカリスト

 

で、二人でアルバムを作ったんです。

その名も ”ウェディング・アルバム”

まんま、のタイトルですが。

 

Like A Dream Come True

www.youtube.com

 

あま~い

無茶苦茶スイートな音世界

幸福感に満ち満ちていますねえ

 

Satisfy You

www.youtube.com


”スライ・スクール”出身の人ですから

奥さん、パワーありますね。

きっとレオンがぞっこんだったんでしょう。

 

二人にはもう一枚アルバムがあって

そちらはよりストレートな音作りで

メアリーのボーカルが前面に出ています。

 

Make Love To The Music

www.youtube.com

 

まあ、言ってみれば

おのろけアルバムなんですけれど

レオンのアレンジが冴えていて

発売当時(1976~77年)、

2枚ともアナログを買って

よく聴いてましたねえ。

 

この後、レオンはシーンの第一線から消えてしまって

再び注目が集まったのは

2010年のエルトン・ジョンとのデュオ作品でした。

それから間もなくして世を去りますので

スポットライトが晩年に当たったのは幸運でした。

エルトンの優しさが感じられます。

 

才人、とは

こういう人のことを言うのでしょうね。

天国のステージでも

”うんうん、俺がまとめるから”

と仕切っているに違いありませんよ。

 

 Come On In My Kitchen        GEORGE HARRISON   ERIC CLAPTON   LEON RUSSELL

www.youtube.com