バンコクマインド

タイの過去現在未来と音楽映画書籍の旅

映画の醍醐味って・・・部屋のテレビはいまだに「小画面」のブラウン管でごんす

f:id:bkkmind:20190115130836j:plain

 

テレビ番組、私は全く見ません。

もうここ20年くらいそうかな。

なので、”観る”といったら

DVD(映画)ということになります。

 

自室のテレビ、ブラウン管TV。

しかも”小画面”

笑われるんですね、「なんだこれ?こんなのまだ持ってんの」と。

でも、あんまり大画面とか超鮮明画質、臨場感あふれるサウンドとか

興味ないんですね、というか要らない。

 

映画の面白さって「省略&編集」にあると思うんです。

舞台~演劇は幕が開いたら、やり切らないといけないですよね、

一つの場面を。

そこが見どころで、演者にとっては見せどころなわけですが。

 

映画は全く違う世界で、どうにでもなるわけですね。

時系列入れ替えてもいいし、

アップだろうが引きだろうが

上から撮っても下からでもどんなアングルでもOK。

 

f:id:bkkmind:20190115131541j:plain

youtu.be

youtu.be

 

タランティーノとかリンチ、北野武の作品とか

非常にテクニカルにその辺、意識されてますよね。

まさに監督の腕の見せ所で。

けどあんまりそれ、これみよがしにやられちゃうと

今度は観てるこちら側が混乱しちゃいますけど。

 

私が部屋で観てる時は、その辺りの

”切り具合&並べ替え具合”を楽しんでるので、

デカい画面とか要らないんです。

 

でも勿論、大スクリーンならではの醍醐味というのもあるんで

そういう時は、映画館に行って、”そういう”映画を

存分に楽しめばいいわけです。

 

f:id:bkkmind:20190115132317j:plain

 

タイの映画館はその点いいですよ、座席も色々なタイプがあって。

ポップコーンも美味しいし!