バンコクマインド

タイの過去現在未来と音楽映画書籍の旅

あなたの心は反射していますか? 溝口健二監督

f:id:bkkmind:20190421173855j:plain

 

日本映画界の巨匠、溝口健二

戦前戦後を通じ、素晴らしい作品のオンパレード。

50代の若さで亡くなってしまったことが

つくづく悔やまれますね。

 

戦前の代表作「浪華悲歌」(1936年)

山田五十鈴の若いこと!

youtu.be

 

溝口監督といえば女優、田中絹代とのロマンスも有名、

お弟子さん筋にあたる新藤兼人監督の

著作にその辺りの事情、詳しく書かれています。

f:id:bkkmind:20190421174556j:plain

 

戦後にはヴェネチア監督賞の「西鶴一代女」(1952年)と

翌年の「雨月物語」で頂点を極めます。

youtu.be

 

 私が好きなのは

長谷川一夫香川京子の「近松物語」(1954年)

これは凄い、無駄なカットが一つもありません。

名人芸の極致ですね。

香川京子も一世一代の演技で応えています。

youtu.be

 

何度観ても、飽きることが無いですよ、

そのたびに監督、スタッフ、役者の

技に唸ってしまうのです。

 

でも現場での監督は厳しかったみたいですね。

何度やってもOKを出してくれない。

役者さんが困り果てて

「どうしたらいいんでしょう?」

と聞くと

「僕は知りません。それはあなたの考えることでしょう」

と答えたそうですから・・・