バンコクマインド

タイの過去現在未来と音楽映画書籍の旅

1977年、当時中学生 私の周りには山下達郎を聴いているヤツは居なかった

f:id:bkkmind:20190606094445j:plain

 

山下達郎

知らない人など居ませんよね。

今や日本の国民的アーティストですもん。

 

シュガーベイブ解散後のファースト&セカンドソロの発表は

1976~1977年。

私、中学生だったんですがLPレコード、ほぼオンタイムで買ってました。

 

おお、なんと力強いサウンド、ボーカル!

変化球(過多な情緒や自己憐憫など)を一切使わない直球勝負。

それまでの邦楽にはなかった骨太さを感じたんです。

 

youtu.be

youtu.be

 

でもクラスの友人で知ってる、聴いてるというヤツは居ませんでしたね。

例え音楽好きであったとしても。

 

だから数年後に大ブレイクしていくというのは

ちょっと想像がつきませんでした。

まして、現在に至るまで長く第一線で活躍し続けるなど。

 

私にとってのタツローとはこの最初の2枚が全てです。

勿論、後に続く作品も素晴らしい。

まさに横綱相撲です。

 

でも同時に「ああ、もう自分が聴かなくてもいいんだ」という

気持ちが湧いたんですね。

「自分が10回、100回聴いてもそれはただの一人のリスナーに過ぎない。

このアーティストはそういう次元で勝負していく人ではないんだ」

と言えばいいのか。

 

まあ、そんなブツクサはともかく

特にセカンドアルバムのSPACYは名盤中の名盤であります。

 

www.youtube.com